\... ノルウェイ北欧暮らしメモ .../

北欧暮らし。色んな人の色んな目線で。

ノルウェーで銀行口座開設、苦難の道のり。

Hei :)

 

家探し、職探しときて今度は銀行口座開設にかーなーり時間がかかりました。どうしてこんなに何もかも時間がかかるのでしょうか不思議です。

 

以前もブログに書きましたがまずノルウェーの大手銀行といえば、DNBとNordea。いろんな方のブログを見ているとDNBがおすすめのようです。どこに行っても支店がある。だけど大手だけあって申請がとても大変と聞いています。1ヶ月半はかかるとか。

 

だから私はskandiabankenを選びました。ここならすぐに銀行口座が開設できると聞いたから。早くお給料が欲しい!!願いはそれだけでした。贅沢は言わん。

 

ちなみに環境話の余談だけど銀行選びも環境保護に繋がるんだよ🌿EarthDayっていう東京で開催されたイベントでのとあるNPO団体のブースで知ったんだけどね。

 

銀行といえばまず思いつくのは預金だよね!お給料をもらったら銀行に預けます。でも銀行はずっとお金を見守っているだけでは利益が出ません。商売にならない。じゃあ何をするのか?

 

企業にお金を貸します。そのお金を融資する先の企業が問題なんです!もし銀行がチェックを厳しくせずに企業にお金を貸したとしましょう。その企業が実は核兵器の部品を作っていたら・・・?自然環境に配慮せず木を伐採するばかりだったら・・・?

 

私たちの預けているお金が知らず知らずのうちに、自然環境を破壊する企業に流れているんです。

 

・・・とはいえ私もそんなこと言いながら、実際は近いってだけで地元の銀行を使ってるけどね。。。ちと調べる意欲がわかなくて・・・。ただ情報としてね!

 

私は世間の一般常識や教養が少ないので恥ずかしいんですが、経済の話は最近、池上彰さんの「やさしい経済学」という本で基礎から学びました。わかりやすくてお勧め✨

 

あと、融資に関しては田中優さんの「地宝論」でちょっぴり学びました。みんなも知っているAPバンクフェス!!私はずっとそういう名前のフェスだと思って来たんだけど、APバンクという一般社団法人なのです(๑•ૅㅁ•๑)以下ウィキペディアより。

 

一般社団法人 ap bank(エーピー バンク)は、小林武史櫻井和寿Mr.Children)、坂本龍一の3人が拠出した資金を環境保護自然エネルギー促進事業、省エネルギーなど様々な環境保全のためのプロジェクトを提案・検討している個人や団体へ低金利で融資する非営利団体。登記上は一般社団法人APバンク。「ap」の意味は、「Artists' Power」及び「Alternative Power」である。

 

この本の中で忘れられないのが、ミスチルの櫻井さんの言葉。「自分は人並みに頑張って、人並み以上に稼いでいる」から大金を手にしていずれバチが当たると思っていたそう。そしたら本当に病気になってしまっていよいよバチが当たったんだ!と思い、田中さんに相談してこの社団法人を立ち上げたんだって。フェスの売り上げはすべてこの社団法人の経費に。

 

ここは銀行じゃないからお金を預ける事はできないけど、APバンクフェスに参加したりグッズを買うことで支援することもできるわけだ!!そうでなくてもミスチルのライブは1度は行きたいんだけどね💓

 

オススメの一冊です。

https://www.amazon.co.jp/地宝論-地球を救う地域の知恵-田中-優/dp/4864120331

 

さてさてさーて!話を元に戻しましょう、銀行の話!

 

まずscandinabianbankenのウェブサイトで、"bli kunde"を選択。

パーソナルナンバー・電話番号・名前・住所を入力します。はい、これで登録完了!

 

ちなみに私は未だに原因はわからないのですが、何度やっても「登録できません。電話ください」の画面になってエラー続きでした。。。最初から躓いてたんだそういえば😂 とはいえ電話代が勿体ないのでメールで問い合わせた後にもう1回やったら出来たんだけどね。なお、登録した日は9月15日でした。

 

それから3日後、ワンタイムパスワードなるものが立て続けに2つ届く。これはネットバンクでログインする時に、補足のパスワードとして使用されます。

 

つまりログインする時に2回パスワードを入力するという、セキュリティ意識高めの仕様なのだ。

 

そして一番重要なネットバンクにログインするための真のパスワードは、さすがにポスト郵送だと危険なので郵便局に送られます。そこでパスポートを提示して、郵便局がパスポートのスキャンを取り身分を確かめた上でやっと手にはいるレアアイテムなのです。

 

・・・・・・・ここから苦難は始まった。

 

パスワード届いたから郵便局に来てね、とお知らせが届いたからパスポートを持って行ったよ。ウキウキ気分でね!お知らせを渡してパスポートを見せたんだけど・・・やたら時間がかかる。。。何回もクリックしてはパスポート確かめてる・・・(・・;)

 

結果:スキャナーが壊れているため、パスワードもらえず。

 

いやいやいや!スキャナー壊れてるのはそっちの事情でしょ!そっちの不備でしょ!!コピー取るなりなんなり他にないの!?私はそれが必要なんだよー!!!!

 

しかしここは日本ではない。ノルウェーです。そんな事してくれません。「銀行に連絡して」の一言で終わります。本当に楽な仕事だよまったく!!!

 

しかもこの時点で「スキャナーを直すから、来週また来て」とも言われており、この時はすっかりそれを信じていた。だから銀行に連絡せずに、来週また行けばいいやーと思っていたのだ。。。もちろん翌週スキャナーが直っているはずもなかった。

 

この時のガッカリ感分かるだろうか。今となっては郵便局は何も出来ない、スキャナーを直す気なんてさらさらないってのが分かってるけど、当時は信じてたから。仕事ちゃんとするって、信じてたから・・・!

 

9月24日、銀行にメールで連絡をした。パスポートが読み取れず、パスワードを渡してもらえないと。するとすぐ返事が返って来た。

 

警察に行って身分証明書を発行してください、と。

ややこしくなってきたぞ〜〜〜〜〜〜😇💦

 

他にどうしようもないので警察に行き、銀行から送られて来た書類とパスポートを渡して身分証明書を発行してもらったよ。そこに日付と自分のサインを記入して、今度は郵便局に行って封筒と切手を買って郵送。切手代は20クローネでした!

 

警察での身分証明書発行は簡単だった!何もする事なし。待ち時間もなし。なんとお金も払わなくていいのだ!日本だったら取られそうだけどね。ラッキー✨

 

そして返事を待つ事1週間。銀行から連絡が来た!!

 

「悪いけどサインが滞在許可証と違ったから受理できません」

 

私のバカーーーーーーーーーーー!!!

もうね今でもはっきり覚えてる。私の名前はAから始まるんだけど、滞在証はAで書いてるのに、身分証明書はaで書いちゃってた。。。そんなとこばっかり細かいんだから!!!悔しい〜〜〜〜〜〜!!!

 

悲壮感を背負ってまた行って来ましたよ、すぐに警察署に。また同じ人だったよ、めっちゃ気まずかったわ。そんでまた同じように発行してもらって・・・無料で本当によかったよ。

 

今回は不安だったから、英語と漢字とどっちも書いといたわ!!!これでパスポートのサインと違うって言われたら終わりだからね。

 

こうして10月9日になってやっと受理されました。私の身分証明書。銀行から「パスポートスキャンなくても受け取れる手紙を送ったからね」と返事が来るも、本当に来るのかな大丈夫かなと心配な日々・・・。

 

まあ悪い予感は当たるもので。10月12日にパスワードが届いたものの、銀行の人がまたパスポートが必要な形式で送って来てた。おわた。銀行とのやりとりのメールを郵便局スタッフに見せて、「これはパスポートがいらない手紙だって言ってるよ!!」ってお願いしたけど・・・

 

ぶっちゃけあれはどう見ても1回目の時と同じパスポートがいる書類だった。まずトラッキングナンバーも違う。パスポートがいるやつはPUMと呼ばれていて、トラッキングナンバーがPUから始まります。

 

どうしても10月13日までに銀行口座を開きたかったから、さすがにカスタマーセンターに電話しました。そっちのミスなんだから電話でパスワードを教えろー!というために。そこまで喧嘩売れないけど。

 

電話の案内もノル語なもんだから何番押したらいいか分からなかったけど、とりあえず適当にボタンを押して誰かしらに繋いだよ。1回目は全然違うところに繋がったけど、スタッフがちゃんと回線回してくれたから無事に話せました。2回目は当たった!

 

そこで一から事情を説明してどうしても今必要なんですと伝えたけど・・・まあ無理でした😂今再送の手配したからって。これでダメだったらまた連絡くださいとの事。

 

銀行のオフィスはベルゲンにあり、1日じゃ届かないのでこの時点で締め切りはアウト。また給料もらえる日が遠のいたな・・・と思いながら、もはやなんの期待もない。諦めの境地ですわ。今月中にもらえればいいなあぐらい。

 

そしてついに運命の日、10月17日。

荷物預かってますの通知書が届いたのでまた郵便局に行って来た。トラッキングナンバーがPUじゃないから、これは・・・!と思ってすこしウキウキ気分でね🤘

 

通知書を渡したら身分証何かある?と聞かれたからパスポートを渡したよ。いつもは壊れたスキャナーにセットされるパスポート君ですが、今回はあの魔の寝台に横たわる事なく番号だけ控えられて無事にゲット!!!!!!

 

やっと!!!!やっと会えたね!!!!

 

いつもいつも目の前にあるのに、あと一歩届かなかった私のネットパスワード。これまでにもう5・6回訪ねてるからお姉さんも顔を覚えててくれたようで笑ってた!笑 お互い長かったねえww

 

こうして9月15日に申請したネットバンクは、無事に10月17日に開けました。パスワードさえ手に入ったらあとはもう超簡単!!!名前とパーソナルナンバーを入力してワンクリックするだけで口座が開けました。しかも普通預金とか支店番号とか何もなくて、数字だけ。

 

バンクカードがないとお買い物や引き出しが出来ないので、それもワンクリックでオーダー。と思ったら、なぜか申請できない。・・・・またか!またなのか!!

 

預金がまだ0円だから?!と思ってお世話になってるカスタマーセンターにメールしたら、なんか口座の登録が済んでなかったとか。私のミスかな?よくわからないけどスタッフが登録手続きを済ませてくれたので、無事こちらもワンクリックで申請できました。これは家に届くんだってさ〜大丈夫かいな。

 

1ヶ月以上経った気がしてたけど、ちょうど1ヶ月ぐらいだったんだね。家探しに1ヶ月、職探しに1ヶ月、銀行口座開設に1ヶ月。3ヶ月かかって、やーーーっと安定した暮らしに近づいて来ました💓

 

ちなみに郵便局に対して文句書いてるけど、それでも頑張ってくれたの。スキャナーが動かなくて、電話して上司に相談しながらあの手この手を試してくれて。2回目・3回目はどうせダメだってわかってたから後ろにお客さんもだいぶ並んでたし「もういいよ」って自分から言いだしたんだけど「ちょっと待って、やってみるから」って試してくれたこともあるし。

 

ただ・・・スキャナーをなぜ直さないのか。

 

私が言いたいのはそれだけだ。

今となっては苦労もネタになるからまあいっか。こんな事もありますってことで。今回の教訓は信じすぎるべからず、期待はせずに迅速に行動し、出来るならBプランを用意せよってことかな!!!!

 

f:id:koakI:20171020073655j:plain

AkerBryggeの先端から、さようなら!

 

仕事決まるも金に追われる

Hei!!

 

どうも。先日友達が漫画のデータをくれました。先日は天使なんかじゃないを読み始めたら止まらず朝の4時になりました。。。。でもこれはほんの序章だから。まさかの幽遊白書ハンターハンターキメラアント編まであるから。全部読みたいけど一気に読んだら後悔するやつコレ・・・・でも読みたい・・・・!

 

あ。先日さらりと書きましたが仕事決まりました😇8月15日に履歴書配りを始め、ちょうど1ヶ月と半月。とうとう・・・とうとうOKの返事をもらいましたよ!!!

 

ちなみに決まったのはオープンしたばかりのラーメン屋さんです。友人が募集がかかっていると教えてくれたので、すぐにメールを送りました。しかし暫く経ってもなんの返事もこず。。。

 

待ってるだけじゃ道はひらけないのよ!!!!

 

とりあえず私のメールを開いてもらわなければ!きっとオープンしたてでマネージャーはいろーーーーんなところからメールをもらってて、未読メールがたまってるはず。正直英語のタイトルなんてぱっと見全部同じに見えるだろうし・・・【重要】ってタイトルに入れようと思ったけど、さすがにあつかましいかと思って結果的に

 

「就職希望」

 

ってタイトルで履歴書を送りました。そしたら返事きた(*^o^*)はっはっは!日本語にしたおかげかどうかは分からないけど、居酒屋スタイルとか和風レストランだったらタイトル日本語で送るのもありかもね!

 

日本出てから3ヶ月間ほとんど仕事してなかったし、待ち望んだ仕事だし、何よりお客さんがラーメン好き・日本好きな人多くて嬉しくって💓働くのが楽しい!!忙しいけどメニューは馴染み深いから覚えることも少ないし。スタッフも良い人ばっかり!まあたまに怒られるけどww怒られたの久々〜。でも日本で「こんな事もできないなんて幼稚園生?」って怒られたのに比べたら全然まし〜😇

 

ただ仕事決まったのはハッピーなんだけど、唯一引っかかっているのが出勤日数。。。私は今、週3で基本的に1日4時間勤務。3割も税金取られたら1ヶ月の家賃さえ払えないという現実w

 

仕事が決まれば何の心配もいらない!これ以上貯金が減らないんだ!と思っていたけれど、現実はまだまだ甘くない。というか甘くないのが現実というか。

 

じゃあ週5で働いてたら安心したのか?・・・これも簡単にウンとは言えない気がする。そして思った。仕事決まったけど、相変わらずお金には追われてる。

 

日本にいた時も貯金はあるけどそれはノルウェー用で、使えるお金がないから「お金がない」っていつも思ってた。今も同じ。貯金はあるけどその貯金は帰りにヨーロッパを南下旅行する用だから少しでも多く残したい。だから減ってくのが怖いんだなあ。

 

私はずっとこの気持ちから抜け出せないんじゃないかと思ってる。。。なぜならば日本には年金もらえない疑惑が出ているからだ!そのために沢山の人が老後のためにとせっせと貯金をしている・・・。歳をとったら働けないから、老後の安泰のために今せっせとお金を貯めるんだと世間はいう。

 

・・・それっていくら?老後の安泰のためにはいくら貯めたらいい?

 

特に私は心配性だからあればあるだけいいと思って貯め込みたいけれど、目標金額がわからないんじゃいつまでもお金が減ってく恐怖から抜け出せない気がする。

 

この恐怖から抜け出すにはどうしたらいいのか?金持ちになったらいいのか?いや、中途半端な金持ちじゃもっともっと金にうるさくなりそう。ならば、答えはひとつじゃ!

 

足るを知る。贅沢すんな。

 

・・・・ハイ。でもこれが強欲な私にはかーなーり難しい。だって本いっぱい欲しいし〜美味しいもの食べたいし〜。ドクターマーチンのレインブーツも欲しい。そもそも貯金はノルウェーで生きて行くぶんには十分あるの。それをワーホリが終わったらヨーロッパを南下したい、あわよくばアジアも行きたいって思ってるからお金にがめつくなるの。

 

👼:こあきよ。あなたは何しにノルウェーに来たのですか?遊ぶためですか?何より今まで散々北欧を旅行したじゃありませんか。もう十分でしょう?

 

・・・👼の声っていうより、ただの母の小言だわ。

 

そう、まあ働けばいいんだけどねっ!!ちょうど今日友達からとある清掃会社がいいよーって教えてもらったし。自分の働きたいときに働けて、時給がなんと1時間177クローネ!ウェイトレスの相場は大体140〜150クローネだから結構高い。

 

友達と遊ぶときに、いちいちケチってるのも切ないし・・・。てかノルウェーの物価がアホなほど高いせいもあるよね!!!まじでタックスリターン希望!!!私の税金がちっとも仕事しない郵便局に流れているのかと思うと納得いかんしな!!

 

ちなみにラーメンという賄いが出来たので、最近また食生活が乱れ始めましたww買い物に行くのも面倒で、今冷蔵庫の中には長ネギ・生ハム・チーズ・じゃがいもしかない。じゃがいもと長ネギで作れる料理ってなあに?・・・・・・・・・ジャガネギ炒め?ジャーマンネギ?どうしようと悩んでるうちに料理するのを諦めて大量に余っているポテチでお腹を満たす。朝はシリアル牛乳なしをボリボリ食べる。

 

これがリアルな女子の私生活です。やばいです。

 

そう言えばこのブログ、結構ノルウェー在住の方々が読んでいるようで今日もラーメン屋の同僚に「1ヶ月半仕事見つからなくてね〜」って話したら「・・・あっ、もしかしてブログやってる?彼女が読んでるかも!」と言われました。

 

どうも〜〜〜〜〜!読んでくれてありがとうございます!私もあなたの話はちょろっと聞きましたよ〜〜〜〜!笑

 

オスロのコミュニティは狭いのだ😂

 

今日も書いたら書きっぱなしでまとまってないけど、終わり!

rie - ノルウェーにワーホリ中だけど日本へ一時帰国した話

どうも。rieです。

 

どこかで見かけた、今日から冬らしいという情報(← かなり曖昧な記憶による不信感)を裏付けるかのように、今朝は霧が深くって、それはそれは幻想的な世界でした。

こういうとき、ケータイではあまり写真を撮らない派。思わずアパートの中庭にも関わらず、フィルムカメラを持ち出して撮影してしまいました。って、きちんととれているのかすらも分からないんだけど。ま、それは今後のお愉しみやね。

 

 

さて、実は今週の頭から木曜日まで、私情により急遽、日本へ一時帰国をしました。

 

 

よく、ワーホリビザでの滞在中の旅行、特にシェンゲン協定国圏外への旅行を懸念される方もいらっしゃるかと思います。

ちなみに、シェンゲン協定国って何?という方は、是非こちらを参照してみて下さい。

 

シェンゲン協定ってなに?|トッパントラベルサービス

 

 

つまるところ、ノルウェーはEU加盟国ではないものの、このシェンゲン協定国に加盟しているため、他のシェンゲン協定国への移動はパスポートを一切空港の係員に見せることなく、ラクラク旅行が出来ちゃうというわけなのです。すごいよね。

 

しかし、その域を出るとなれば、話は変わります。

とりわけ、ワーホリビザを所有しながらも、日本への一時帰国は可能なのか?

 

 

答えは、YES です。

ただし、ノルウェーでのビザを証明するためには、滞在初期に、あののんびり屋のUDI (悪口のつもりはないけれど、結構イラっとわせられる場面が多いので事実を書きます笑)から交付された、Residence card=滞在証が必須です。

 

ビザ申請時、特にこれといった書類をもらうことのないノルウェーのワーホリビザの場合、メールは有効期限の記載がないので、空港の係員はポカンとしてしまいます。というと、なんとなく軽いですが、証明するものがなければ再入国が断られる場合だってありえるってこと。

また、ノルウェーに再入国する際は、このカードをこれ見よがしに持って並んでいれば、若干優遇されて早く入国審査を受けさせてもらえるし(係員にもよるかもだけどわたしはそうでした)、滞在日数だとか目的まで聞かれることなく、ほぼ10秒足らずで入国スタンプを押してもらえます。

ですので、旅行の際は必ずこの滞在証を持っていくようにしましょうね。

 

 

で、わたしはノルウェーへ飛ぶ際、住民票を抜いてきたため、今回わたしは初めて「日本に住民票を持たない状態」で日本へ戻ることになりました。これは人によるのかもしれませんが、少なくともわたしは住民票を抜いてきたのでした。

なので、日本人だけど確かな身分証がパスポートしかないし、日本に半年以上も住んでいない立場である以上、なんとなく部外者のような不思議な気持ちにもなりました。

 

 

 

そんな謎の立場となったわたしが、今回の一時帰国で思ったことをまとめてみます。

ちょっとしたお役立ち情報、というよりわたしの二の舞になる人がありませんように(?)、という気持ちで書きます。

 

 

×10月頭はまだまだ暑かった。ノルウェーとの寒暖差に撃沈

 

まずは気候の話をさせてください。

10月初旬現在、オスロの最低気温は5度前後。最高気温も15度ほどで、決してあたたかくはありません。晴れているときは、コートがいらないくらい気持ちのいいこともありますが、朝晩は冷え込みますので上着、マフラー、わたしは帽子も必須です。

 

が、日本に帰ってみれば、17時でもその日の気温は25度越え。加えて、なかなかの湿度で蒸し暑く、それだけでまあまあ体力を持っていかれました。わたし、今までどうやって日本の夏を乗り越えていたのだろう。せめて今後も、夏だけは避暑地へ行きたいと思いました。

 

ですので、オスロの空港についた時点で、厚手の上着やセーター類はスーツケースの中に入れちゃいましょう。

しかし飛行機の中、あるいは日本の交通機関ってめっちゃ寒いこともありますので、半そで+薄手の上着、特にレインジャケットやウインドブレーカーのようなものが良いかと思います。今までこういうの持っていなかったのだけど、オスロに来てから大変重宝しています。気候が変わりやすいものでね。

 

 

×インターネット環境が乏しい

 

今回の滞在日数は、たったの3日間。実質、ほぼ1日半。友だちと会う約束などもしていなかったので、旅行者用のSIMカードやレンタルwifiは使用せず、いつも使っているSIMフリーiPhone5 + Telenor のプリペイドSIM を機内モードにして生活してみました。

 

そうしたら、早速トラブル発生。飛行機の到着が若干遅延した上、荷物が出てくるレールに不具合が生じたのか、止まったままなかなか荷物が出てこない。

 

きっと、出口の先には父親が待っている。このときのわたしは、一刻も早く空港を出たい状況だったので、まさに時間との闘いでした。

かつ、父親を長く待たせるのは悪いなと思ったので、空港のwifiを利用して連絡しようと思ったのですが、これが全~~然繋がらない。行きも帰りも、何度も試しましたが、もはやどうやったら使えるのか知りたいです。

 

次の日も、何度か連絡を取る必要があったのですが、地下鉄のwifiも、地上駅のホームでも、ショッピング施設でも、フリーで使えるwifiがほとんどない。

もしくは、一応存在はするのだけど、繋げない。

 

よく考えれば、携帯がなかった時代はこれほど時間を気にすることもなかったのかもしれませんが、今回は用事が用事だったので、けっこう困りました。

というか、存在するのに使えないwifiとは。せめて空港や交通機関では使えるwifiを導入してほしいものです。

 

逆に便利だったのは、コンビニのwifi。お店の前でも一応すぐに繋げるし、随所にコンビニがある東京は、スポットを移動してもまたすぐにつなぐことができるので、そういう意味ではコンビニも捨てたもんじゃないなと思いなおしました。でもわたし個人は、コンビニは最小限に縮小してほしい派なんだけども。

 

ちなみに、旅行者向けのSIMカードはほとんどが利用期間が7日間からで、価格もピンキリですがおおよそ1500円くらいから購入できるようです。

 

 

×そういえば、日本はカード社会ではなかった

 

今回の一時帰国で、実はこれが結構焦りました。ノルウェーでは普段、ほとんど現金を使わずに生活できてしまいますから、ちょっと気が緩んでいたのだろうな。

観光の場合でも、今や街中の有料トイレでさえ、カード対応の場所が増えているほど。

 

日本に着いてからは、父親が車で空港まで迎えに来てくれましたので現金を持たずに生活できたのですが、翌日、イモートに会うべく電車に乗ろうとひとり出かけたら、なんと、

 

切符がカードで購入できない(少なくともわたしの実家の東京メトロの最寄り駅では)。

 

これは大変困りました。そういえば東京で生活していたころ、いつも定期はカード購入できていましたが、切符は買えなかったっけ。

いちおう出国前に残しておいたPASMOも、有効期限が切れたのか使用できないらしい。

 

え~~困った!でもATMがあるやん!と思って駆け込みました。

このとき、わたしが持っていたのは日本の銀行で発行したデビットカードと、ノルウェーの銀行scandiabanken で発行したクレジット(これもデビットのやつ)カード。

 

しかし、両方使えない。

 

というわけで、小銭すらも持っていなかったわたしは、一度来た道を引き返してバタバタと日本の銀行のキャッシュカードを探し出し、またダッシュで駅のATMへ戻って、なんとかその場をしのげたのでした。イモートとの待ち合わせには遅刻したけども。

 

後々、日本の銀行には別の用事もあったので問い合わせをしてみると、日本のデビットカードって、海外通貨の引き出しには使えるけれど、日本円の引きだしはできないんだって。っていや、そういえば日本でも同じ失敗をしたことがあるので、知っていたはずなのに。でも、キャッシュカードとデビットカードが別なのって、ちょっと不便かも。

scandiabankenに関しては、憶測で申し訳ないのですが、ログイン後の設定画面から、確か使用許可国と期間の設定が出来たはず。わたしは恐らく、ここで日本で使えるようにしていなかったんだと思います。って、今やっているのだけど、どのページだったか思い出せません。どなたか知恵を下さい。

 

とにかく、そうでなくても、日本って海外発行のカード、案外使えない場面が多いです。これはわたしが東京で生活していたころも、よく大きな東京の駅で発券機を前に苦戦する海外観光客の方に遭遇したり、自分が勤めていたお店で観光者のカードが使えない!というトラブルはたびたび発生していたので、気持ちは分かります。

逆に言うと、ノルウェーでも、セキュリティのため(?)ノルウェー発行カード以外は使えない店舗も結構あります。

 

そのほか、日本だとスーパーでもカードが使えない店舗って意外にありますし、小さなお店だとカード機を置いていないところも多々ありますよね。これは手数料の問題と言われており、カード機を経由すると利益が減る、と考えるお店やさんも少なくないようです。そもそもノルウェーと日本はシステムが違うんだろうね、きっと。

 

でもね。切符がカードで買えないのは、さすがにちょっとね。先進国と言われているわりに、そういうところが疎いなと思ってしまったのでした。

日本人だけじゃなくて、海外から来た人の為にも、もうすこし優しいシステムが出来てくれますように。

 

あと今回の話とはあまり関係ないですが、交通機関もゾーン制にしてくれるといいなあ。日本だと、定期券を購入したら、その駅間でしか使えないからね。

 

そんなわけで、一時帰国の際は、最低限の現金は持ち歩くことをお勧めいたします。本当に。

 

 

○日本食材をたっぷり買い込めた

 

悪いところばかりじゃアレですし、良いところもあったので、これ以上悪口を言うのはやめにします。

 

わたしは出国前、あんまり日本食が恋しくなることはないだろうと思い、そこまで食材を持っていきませんでした。和菓子の材料はたっぷり買っていったけど。

あ、ちなみにこれは正解だったと思います。ノルウェーでは小豆、白いんげん豆などが安く手に入るので自分で簡単にあんこを作ることもできますが、手間もかかりますし、白玉粉などは日本製のものがあっても高いです。売られている場所も限られてきます。

アジア食料品店などでは、それっぽい代用品もありますが、ハッキリと「白玉粉」「上新粉」などとは書かれていませんので、正体がよく分かりません。

 

それはともかく、普段の食事に関する和食材をあんまり持っていなかったわたしは、風邪を引いたとき、そして寒くなってきたこの頃、だんだんと日本食を欲する機会が増えてきました。

やっぱりさ、出汁の利いた、あったかほくほくのおかずって、いいよね。

 

でも、出国時の荷物ってばかになりません。衣類、日用品などもありますし、あまり食材が入らなかったのも事実。

 

それを、今回の一時帰国により、(文字通り)どっさり買うことができたのはよかったかもしれません。

食材は乾物類、おやつ・おつまみ類、醤油堅焼きせんべい(重要)、梅干し、お茶、日本酒(これも重要)などなど。

ノルウェーでも一部日本食材がそろう場所もありますが、やはり高いですし、こんなに日本のスーパーは安い!と思ったことがないほどでした。いやあ、買った買った。

 

特に和菓子を作るために、ノルウェーでは見かけないもの、てんさい糖、黒糖、山椒、重曹を購入しました。

 

いやあ、甜菜糖は本当に見かけなくてびっくりしました。白砂糖(グラニュー糖)やブラウンシュガーなどはあります。あと甜菜=ビーツのシロップをかけたお砂糖も。

でも甜菜糖そのものはない。当たり前ですが、日本独特の黒糖も見かけませんでした。

 

重曹は、なくもないんですが、やはり量が少ない上に高いです、ノルウェーだと。

ベーキングパウダーはありますが、純粋な重曹ではないので、どら焼きとか作るのなら、重曹の方がいいと思います。あと個人的には歯磨きや掃除にも重曹を使用してるので、わりと必須。

 

スパイスやハーブ類は北欧でも主流のものを和菓子にも多用してきましたが、山椒はさすがにないので購入。

 

そして日用品は、歯ブラシ、生理用品、シャンプー&コンディショナーの詰替え、作業用ポリ手袋、黒文字(菓子切)などなど。

日本で使い慣れたものは、日本で買っておくのがやはり良いなと思いました。身の回り品は、体のサイズ感が違うこともあって、北欧人の愛用品が合わないこともしばしばなのでね。

 

 

ノルウェーで既に不要になった諸々をいったん持ち帰ることができた

 

これも良かったと思います。夏服やいらなくなった薄めの上着、ノルウェーで買った食器の一部、撮りためたフィルム、ノルウェーで手に入れた重い書籍、などなど、日本に持って帰るのに邪魔になりかねない荷物たちを、先に持って帰ることができました。

と同時に、今までのノルウェー生活で、やっぱり持ってくればよかったかな~と思っていた、日本語の文庫本、コーヒーケトル(コーヒーレベルの高いノルウェーにおいても、日本製の商品がいたるところで販売されていますが、何せ高い)、セーターなど。

 

ちょっとした荷物整理をすることができたので、オスロの部屋をすこしだけスッキリさせることに成功しました。見た目はあまり変わらないにしても。

 

 

○湯船にゆっくりと浸かることができた

 

これは地味にうれしかったことでした。だって!お風呂に!ゆっくりと!!浸かれるなんて!!!

日本にいるときは、半身浴大好き人間だった(といっても、本やケータイなどは持ちこまず、ただひたすら湯船でぼーっとしていた)ので、実家にいるときは毎日のリラックスタイムでした。

 

それこそ、一人暮らしをしていたときですら、定期的に実家へ帰ってはお風呂に浸かることを怠らなかったわたしですが、ノルウェー人はどうして体を内側から温めることをしないのだ!と大声をあげたくなってしまうくらいに、ササッとシャワー生活スタイルなのよなあ。フィンランドのようにサウナの習慣もあまり聞かないし。不思議。

わたしにとって、シャワーほど拷問に近い習慣はないと思うほどなので、やはりあたたかいお湯の中で疲れをとるのがいいよな、なんて思いながら、久しぶりの湯船に幸せを感じたのでした。

 

 

 

○家族とゆったり時間を過ごせた

 

これは、長く実家を出るようになった日本でのシチュエーションとは、ちょっと違いました。

 

実はわたしの今回の一時帰国は、母方の祖母の危篤のためでした。

 

余命あと僅かと宣言されても、すぐに帰ることのできない煩わしさ。

時差も含め、近況報告を受け取るのも、日本にいるときよりすこし遅れたりするので、なかなかリアルタイムで情報を得ることができず、モヤモヤしました。

比較的すぐに休暇を取ることは出来ましたが、帰るのだって一苦労。わたしは航空券の関係でバンコク経由だったため、19時間近くかかり、帰国しただけでもう疲労困憊でした。

 

でも、急に帰る!と言い出した娘のわがままに応え、車で送迎してくれた両親や、祖母の眠る母の実家で待っていてくれた家族(実際、両親と弟は先月オスロで会いましたが)や親戚と久しぶりに顔を合わせることができました。

状況は決して良いとはいえませんでしたが、これも運とタイミングによる巡りあわせ。今回の一時帰国は、わたしにとって必要なことだったのかもしれません。

 

何より、わたしの食べたいものを覚えていてくれてリクエストに応えてくれたり、最後まで付き合ってくれた両親には大感謝です。ありがたや。

 

あ、最後に実家で初めましての家族に会うこともできたのや。スーパーかわいいので自慢させてください。

 

ジャーン。

 

f:id:koakI:20171015044152j:plain

 

 

我が家は代々インコを飼っているのですが、この子はわたしがいない間に迎えられていたのでした。

あまり手には乗ってこないし、噛むとめっちゃ痛いですが、首や背中をナデナデされるのと、手で覆われるのが好きらしい。

 

 

カゴの中にいるときも、とっても好奇心旺盛でした。

 

f:id:koakI:20171015044149j:plain

 

ああ、なんちゅうしがみつき方。かわういねえ。

 

 

 

というわけで、なんとなくインコへの偏愛で終わってしまいましたが、以上、わたし的に一時帰国について思ったことリストでした。

 

ちなみに、今回は観光こそしていないものの、乗った飛行機がすべてタイ航空だったため、今まで1ミリも触れることのなかったタイの言葉にまみれて不思議な気持ちに包まれたのでした。サワディーカー。コップンカー(何度も聞きすぎて覚えた言葉たち)。

オスロバンコク間の飛行機は、だいたいノルウェー人かタイ人だったので、その中にひとりポツンと日本人がまぎれちゃって、アジア人だけどタイ語のまったく通じない、ちょっとややこしい乗客という意味で係員を混乱させたことは間違いなかったので、なんかごめんねって感じの旅道中だったことをここに記しておきます。

 

 

とりあえず、ノルウェーのワーホリビザでも、日本へ一時帰国はできますので、ちょっと遠いですが、日本が恋しくなったり用事のできた方のために参考になれば幸いです。

 

 

 

最後に、今日のおやすみソング。高校生のころから大好きな音楽。



WATER WATER CAMEL / 森ゆに  「 海沿いの家」

 

 

 

ではでは。

 

rie

隣の芝は青いスウェーデン旅行!

Hei :)

 

こあきです、先日友達とスウェーデンへ2泊3日の旅行へ行ってきました〜💓まさかこんなに早く北欧のお他の地へ行けることになろうとは。。。嬉しい。しかも高校時代からの友達で気心が知れているので楽!

 

さて、そんなスウェーデンへは先日Rieちゃんが教えてくれた、FlixBusを利用しました😙 運営会社はドイツ〜〜〜。わざわざ北欧に出稼ぎに来てるのかな?バスには運転手と係員さんが乗ってたよ。

 

夜の23時にバスターミナルを出発!なんとこちら2階建のバスでして。大きいのなんの。大きい割にお客さんは少なかったから、ひとり2席確保して横になって休めました✨

 

・・・が!!!どうやら私どこでも寝られるタイプではないらしい。横になったものの全然眠れませんでしたw サイズ感はフィットしてるのに!こういう時チビでよかったと思うよ笑 直前までめっちゃ眠くて欠伸してたのに、バスの中で目がギンギンに冴えてる〜〜〜〜wギンギラギンだよ。

 

なんとか眠らなければと、とりあえず目を閉じるも無駄無駄無駄ァ状態。運転席に近くて運転手の聴いてる音楽が気になるし、話し声も聞こえるし、何より枕になるものがないから頭に血が上る〜😂

 

それでもしばらく目を瞑ってたらだんだん夢うつつ〜って感じになって来て、おお眠れる眠れるぞ・・・!ってなってたところで、問題発生!!

 

このバス、ストックホルムのバスターミナルに行くまでにいくつかのバス停に止まるんですがね?深夜2時くらいだったかな?やたら長いことバスが停車してたんだよね。

 

😪:誰か人を待ってあげてんのかなー。時間になっても出発しないなんて優しいなー

🚌:(車内放送で一言)problem

 

そうバスに物理的な問題が発生。

普段なら焦るところですが、なんせストックホルムに朝6:45に着くバスで、着いたところでお店何もやってないだろうなと思ってたので逆にバスの中で寝ながら時間を潰せるのは単純にありがたかった。ちなみにこの時おじさんはproblemとしか言わず、一体なにが起こってるのかはその時は分からなかったの。誰も聞きにも行かなかったし。

 

それからしばらくして、あまりに走り出さないのを気にしたおじさんが聞きに行くと、どうやらタイヤがパンクしてしまったのだそう。同僚?が新しいタイヤを持ってくるから、それまでここで待つ、って言い出して。

 

パンクってwwwあんなにバス大きいくせに替えのタイヤ積んでないのかーーーーいwww

 

でも深夜に新しいタイヤ持って来てくれることが奇跡。その後3時間遅れでストックホルムに到着しました。3時間て結構待ったな笑 車内の暖房がガンガンきいてたせいか、ここで喉の炎症を起こしてバッチリ風邪をひきました😇

 

そんなこんなで辿り着いたストックホルム!すでに私は疲労困憊ww本当にゾンビの形相だったと思うよ。とりあえず近くのespressocafe(オスロにもあるww)で朝ごはんを食べて今日の計画を練る。

 

実は3日間も時間があるものの、私たち本当にここまで何も計画せずに来てしまった。私は市庁舎が綺麗ぐらいの情報しかなかったし・・・。とりあえず観光パンフレットを開いてみる。話し合ってお互い行きたいと思ったのは、

 

・市庁舎

・図書館

・旧市街・ガムラスタン

・古着屋さん

・DroppCoffee

 

ぐらい。そんなにないね🙃

3日間もやることあるかな・・・とちょっとこの時思った。だがしかし!!それは大きな間違いだったのである!!!!

 

ストックホルムは歩いているだけで楽しい!!!

 

Wiki調べによるとストックホルムは直接戦火に巻き込まれなかったから、街並みが昔のままのところが多いそう。旧市街以外でも、例えば

 

f:id:koakI:20171014234618p:plain

これがストックホルムの中心地で私たちの今回の行動範囲ね。中央のガムラスタンより上の、中央駅付近はビルが立ち並ぶ近代都市で、それこそ東京のようだった。(オスロも想像より都会だと思っていたけど、ストックホルムを見て本物の都会を思い出した)

 

だけどガムラスタンより下の島は結構ヨーロッパっぽい建物が多くて!何よりストックホルムは中央駅付近を除いて、石畳の歩きにくいけどお洒落な道が多い!笑 石畳があるとないとじゃ全然雰囲気が違いまっせ🙄

 

まずは図書館に向かいながら中央駅付近を散策。

 

f:id:koakI:20171014235832j:plain

都会だ・・・。でも都会の中にも昔らしさが少し残ってる感じ。

 

f:id:koakI:20171014235932j:plain

なんと車道の下を突き抜けるトンネル!テンション上がる!

 

f:id:koakI:20171015000005j:plain

中はこんな感じ〜

ここで路上ライブしたら儲かるかな?

 

f:id:koakI:20171015000035j:plain

反対側はこんな感じ。確か1800年後半からあるみたい。

 

f:id:koakI:20171015000059j:plain

図書館に到着〜この図書館になぜ来たかったかというと・・

 

f:id:koakI:20171015000148j:plain

わかる?わかる??図書館が円形になってるの!!

本に囲まれてます。ここがメインホールだけど、いくつもの部屋が奥にあって静かに勉強するスペースがちゃんとあります。でもここ観光地化されてるから、なかなか落ち着かないかもね〜〜。

 

f:id:koakI:20171015000213j:plain

中央駅。お洒落ですね〜海外って感じですね〜

 

f:id:koakI:20171015000231j:plain

ドーーーーン!曇天の市庁舎!!今回3日間とも雨に見舞われましたww靴はすぐびしょびしょになるやつで、薄着だったもんだから夜は寒くて寒くて喋るのもままならないほどでしたwそりゃ風邪引くわ😇なんでこんなに寒くて水が溢れてるのに、バスタブでお湯に浸かる文化がないのか不思議!

 

f:id:koakI:20171015000300j:plain

私はこんな感じの二重の柱で作られた空間が好きです。モンサンミッシェルの中庭と、明治神宮もこんな感じ。いいよねー空間て💓

ちなみにこの市庁舎の通路では何組かのカップルがドレスとタキシードを着て、フォトウェディングしてました✨

 

その後、お目当の旧市街・ガムラスタンへ〜〜〜!

市庁舎からは橋を渡って徒歩約5分、すぐ着きます。

f:id:koakI:20171015000421j:plain

これだよこれこれ〜〜〜〜!!!!素敵だ・・・ヨーロッパ!隙間なくびっしりと並ぶ建物たち・・・そのカラフルさといったらもう。本当に可愛い。ミニチュアにして家に飾りたい!

 

f:id:koakI:20171015000443j:plain

写真で伝えられないこの壁の土感!クレイ(泥)で壁作りましたって感じが好き!好きだーーーー!!!(語彙力の限界)

 

f:id:koakI:20171015000504j:plain

所々にある小さなトンネルの向こうに続く石畳と可愛い街。なんでこんなに可愛いんだろう?私たちアジア人には馴染みのないものだから珍しいけど、欧米人に見える観光客も撮ってたなあそういえば。やっぱり旧市街の街並みは見慣れていても素敵に見えるのかな?

 

f:id:koakI:20171015000530j:plain

夜になってライトアップされるとまた綺麗💓うふふーこのままずっとここにいたいわ〜って思うでしょ?無理!!寒くて!!笑

 

綺麗な街並みを見て疲れも吹っ飛、、、ばない!www疲れは蓄積されているの!なんかもう夜になって気が緩んだ瞬間にバス旅から始まった疲労感と寒気がピークに達し、名残惜しいながらも宿に向かいました。。。

 

宿はAirbnbで。中央駅から電車で15分ほど。近くにスーパーがあると聞いてたのでそこで冷凍食品などなど晩御飯をゲットしました!

 

これが初日のスウェーデンでの晩餐だー!!!

 

f:id:koakI:20171015000554j:plain

美味しそう〜〜〜〜〜〜💓そして安い〜〜〜〜〜〜💓

特にビールの安さにはさすがに驚いたわ!!オスロでは一本30クローネぐらいするのに、こっちだとモノによってはたったの10クローネ!う、、、嘘だろーーー😳最高やんけーーーー!って言いつつも1本飲み干せなかったんだけどw

 

そして肉団子か芋団子かわからなかった私の冷凍食品は豆団子でした。ファラフェルっていう中東発祥の食べ物で、ひよこ豆やソラマメから作ったコロッケのようなものだって。これがもう私の中でフィーバー!!!めっちゃ好き!!!まずひよこ豆が大好きだからね😻チキンもめっちゃ美味しかった!

 

こうして長かった初日は終了・・・。

 

2日目は日曜日!ということで、中心地でやっているフリーマーケットを見に行くことにしたよー!私はここ最近本気で雨履の必要性を実感している。。。なぜなら私は雨に強い靴が1足もないどころか、レベルにしてもはや雨耐性1としか思えない、歩いて15分でビッショビショになる靴しか持っていないのだ。ばか。。。

 

友達がストックホルムの古着安いよと教えてくれたので、もはやストックホルムには完全にショッピングのために行ったしw

 

だけども・・・・雨のためほとんどお店がないwww出てるのは食器ぐらい。それでも可愛い食器がたくさんあって目移りしたけどね!ただ服は全然なかった・・・😭そして寒い・・・・今日も寒い。温まろうってなって、景色が良いと噂のカフェに行くことに。

 

そしたらそのカフェと同じ建物の中に可愛い雑貨屋さん発見!

 

f:id:koakI:20171015000622j:plain

Designtorget っていう雑貨屋さんで家具、キッチン用品などが置いてある。まあ日本でいう蔦屋家電みたいな。どれもこれも高かったわ。でもちょこちょこ本が置いてあって、観光客向けであろうスウェーデンの写真集を私は買っちゃった!靴はどうしたw

 

f:id:koakI:20171015000650j:plain

それからまたまたガムラスタン〜どうやらこれが正門?なのかな。

f:id:koakI:20171015000719j:plain

ストックホルムでよくみる、円の中に3つの王冠が配置されているあの紋章は私にはまつげバッサバサの女性の微笑みにしか見えなかったけど・・・。この門をくぐるのはすごくテンションが上がった!タイムスリップした気分になる。天然のディズニーランドや!

f:id:koakI:20171015000749j:plain

中央広場(勝手に私が命名)にはおっしゃれ〜で可愛い建物が!ここ今でも誰か住んでるのかな?住んでるよね。どんな金持ちだ。

 

ていうか本当にこの素朴な色が素敵すぎてー!なんでこんなにカラフルにしたんだろう?やっぱり寒い冬に白一色になっちゃうから?日本の重要文化財も好きだけど、やっぱり可愛さは負けるな〜〜

 

f:id:koakI:20171015000818j:plain

からのノーベル博物館!ちょうど私たちが訪れた時期がノーベル賞発表習慣だったようでね。ノーベル文学賞を日本人男性がとったらしく、いろんなところで広告を見たよ!

スウェーデンの人に「おっ日本人がノーベル賞とったな。おめでとう!」って言われるかと思ったけど、私よく中国人だと思われるからか、スウェーデン人がシャイだからか誰からも言われなかったよ😇そもそもその人の本、読んだことないんだけどね!!

 

f:id:koakI:20171015000846j:plain

フィンランド美術館裏にいる小さな銅像。お地蔵様みたい。寒くないようにマフラーもらったんだね、よかったね。お返しはニシンとかサバかな?私は雨履と雨合羽が欲しいです。

 

f:id:koakI:20171015001005j:plain

そういえばスウェーデンは我が物顔でムーミン製品を売りまくっています。ムーミンカフェも見つけました。

 

f:id:koakI:20171015001031j:plain

この壁の目のまでおじさんが一人でケーキ食べてました。私たちもここでお茶するつもりだったけど、ケーキがあんまり魅力的に見えなかったから写真だけ撮って出ましたw

 

その後入ったカフェではおじさんがセクハラジジィで笑顔と愉快さで誤魔化しながら、マッサージしようか?タイ式マッサージする?とかなんか言ってましたwノーセンキュー

 

f:id:koakI:20171015001058j:plain

ストックホルムは建物が低い。だから点在する教会がとても目立ってかっこいい。遠目から見たらいつまでも中世のまま。本当にタイムスリップした気になります。ずーっと昔からここには街があって人々が暮らしていたんだなあと思うと不思議・・・。

 

人は今でも変わってないのかな?随分と便利な暮らしの世の中になったけど。

 

ところで・・・日曜日の閉店率高すぎる!!!

やってるところ少ないだろうと思っちゃいたけど、それにしてもやってなさすぎてやる事なかったわ!笑 特に有名なバーがなんと日曜休みで😭ガムラスタンにあるのに!観光地なのに!という日本の感覚は通用しませんでした。

 

3日目、最終日!この日は博物館DAY😘

なぜなら・・・3日目にして晴れたから!わーい!雨が降るなら屋内の美術館と思っていたけど、晴れたので世界初の屋外博物館SKANSENに行ってきました!

 

SKANSENとは昔の家やお店などを移築してきて、そこで実際に昔の衣装を身にまとった人たちが働いていて、身近に経験して学べるというコンセンプトの博物館。牧場もあって昔はどんな小屋でどんな風にして動物を飼っていたのかがわかります。ツノのある牛を実際に見たのは初めてだったかも。

 

なお、私たちが行った月曜日はほとんどの店が開いてませんでしたwwwwパン屋さん行きたかったのに!焼きたてのパン食べたかったのに!!公式サイトを見ると、ファーマシーだったり他にも色々面白そうなお店が沢山あったけど月に2回ぐらいしか開いてない笑 是非とも興味ある人は、どこが気になるか、いつ開いてるかを調べてから行くことをお勧めします。

 

www.skansen.se

 

でも開いてなくても十分楽しかったけどね!

のほほ〜〜んとして長閑な暮らしが想像できた。

 

f:id:koakI:20171015001253j:plain

牧場パート。赤毛のアンに出てきそうな。木組みの柵がいい味出してるんです。今ちょうど紅葉も綺麗だし、よかったよ!

 

f:id:koakI:20171015001411j:plain

昔の家ってのはどこの国でもそんなに変わらないね。木でできたお家に、かやの屋根。日本とも似てる。

 

f:id:koakI:20171015001443j:plain

これはサーミ族だったかな?の、昔の居住スタイル!写真のクオリティが低くてすみませんwしかもどんなだったか覚えてないから説明もできないけど、見ての通り三角形!でもそれより私が食いついたのは、奥にある倉庫ね!高床式なの!!!日本と同じや〜〜〜😇私は弥生時代が大好きです。儀式的なものには恐怖を感じるけど、昔の人たちが物が少ない中で絵の具を編み出したり、器を作り始めたり、果ては地面を利用して燻製をしたりと本当にすごいな〜〜〜って思うのです。

 

f:id:koakI:20171015001516j:plain

動物園パート。太ったネコ科動物。野生とは。

 

f:id:koakI:20171015001538j:plain

くま。1頭が一生懸命穴を掘っててそれを見守る2頭。じゃれない。

 

f:id:koakI:20171015001608j:plain

博物館パート!この日はガラス工房が開いてました。天井のランプの美しさよ。これはずっと見てられたな〜。いろんな道具があって、素朴なアトリエ。アトリエって響きが好きだー!アトリエほしい〜!何をするかって言われると・・・何もしないけどー。本でも読もうかしら💓

 

こんな感じでお店がやってる日なら半日は余裕で時間が経つなと思いました。なにせ広いし!面白かったな〜✨

 

それから近くのヴァーサ号博物館へ。

ヴァーサ号とは。

 

ヴァーサスウェーデン語: Vasa)は、スウェーデン海軍の64門戦列艦

グスタフ2世アドルフの命によって1626年起工。もともと砲甲板は一層の予定であったが、建造途中で二層に増やされるなど無理な構造で、さらに重武装だったため極端にトップヘビーな艦になってしまった。1628年8月10日、波が穏やかな日に初航海に出たが、マストに帆を張り 1,300 m ほど帆走した地点で横風を受け、復原性の低さが災いしてそのまま横転沈没した。すぐに引き上げが試みられ、大砲や貴重品は1664年までにほぼ回収できたが、船体の回収にはことごとく失敗し、海底に沈んだ状態で放置された。

 

はい!なんとも不運なヴァーサちゃん!(英語版の説明がherと呼んでいたので、女性らしいです) 知識のない金持ちに振り回され、民衆の目の前で沈んで行く豪華な戦艦・・・。その時民衆はどんな気持ちで見てたんだろうね?話だけ聞くと滑稽だけど、逃げ遅れて亡くなった人もいるので悲しみの戦艦です。

 

その後333年経って引き上げられたヴァーサちゃん。フナムシがいないからほぼ9割オリジナルのまま今も展示されています。すごい。本当に綺麗だった。私は船首の透し彫りにびっくりした。こんなところまで凝ってるなんて。でもそれ以上に大きさにびっくりした!写真に収まりきらないぐらい大きい。450人が当時乗ったんだって。すごいよね。大迫力だった。

 

f:id:koakI:20171015001634j:plain

f:id:koakI:20171015001703j:plain

 

この美術館は5回建で1階で船底を見れるんだけど、甲板を見るには5階まで行かなあかん!ちょっとは大きさが伝わるかな?これを人の手が作り上げたんだからすごい。

 

ちなみにその頃の日本は徳川家3代目の将軍に徳川家光がついた頃だそうじゃ。まだ江戸時代だってよ〜。その頃スウェーデンは他の国と戦ってたんですな。

 

他にもどうやってヴァーサが引き上げられたのかの映像や、船員の暮らし、造船の仕組みなど船にまつわる色々な展示もあったよ。乗組員の展示もね。

 

あ、もう一つ驚いたことあった!私、船では調理できないと思ってたんだけどヴァーサには厨房があった!なんと薪で火をたいてご飯を作る場所があったの!

 

最下層の真ん中でね、そこだけはレンガで囲われていて、その中央に薪を焚いて大鍋を置いてたみたい。火なんて厳禁だと思ってたけど・・・すごいわ。使われることは一度もなかったんだろうけど。

 

そんな感じで思ったよりも面白い場所でした!行ってよかった。やっぱり博物館も好きだな〜。次は北方民族資料館も行ってみたいな。どっちかっていうと人々の暮らしを知るのが大好きだから!

 

それから晩御飯を食べにまたまたガムラスタン。好きですw人気のヴェジタリアンビュッフェを食べました。ファラフェルいっぱい食べちゃった〜💓

 

f:id:koakI:20171015001756j:plain

f:id:koakI:20171015001819j:plain

 

夜にはまた雨が降り、結局3日間びしょびしょになったけど・・・それでも楽しかったストックホルム。街並みが素敵すぎる。いいなあ・・・オスロももうちょっと石畳とか歴史的な場所増えないかなあ・・・。北欧のヴェネチアと呼ばれるストックホルム。確かに海っていうよりは運河って言った方がしっくりくる。

 

あ、あとね。古着は1着も買えませんでした!結構風邪にやられてて歩く元気がなかったww

 

f:id:koakI:20171015020015p:plain

この南の島にあるHomsgatanらへんがとてもアーティスティックなお店が多かったな!一本奥に逸れると石畳の近代的でありながらヨーロッパ感も溢れる住宅地が並んでてお勧め。ここら辺で赤十字の経営する古着屋や、他にもいくつか見つけたよ。

 

あとは丸をつけたらへんが、ネットで調べた時に古着屋があるってでた!こっちは行ってないからわからないけど。しんどかったけど、楽しい3日間だった!満足✨

 

バスはもう2度と乗りたくないと思ったけど、やっぱり民族博物館も気になるしまた行ってみよーかな💓

 

 

海外に来て低下したものNO1. 女子力

Hei!!!

 

ヤバイヨヤバイヨ。

先日バイトが決まったんだけど、なんとそのバイト先にめっちゃ可愛い同い年のギャルが入るそうだよ!!写真見たらめっちゃ美人ギャルなんだよ!!

 

そこで思い出した、女子力という言葉。

 

日本にいた頃はコテもあったし、お金もあったからしょっちゅう美容院に行っていたものの・・・こっちに来てからはコテないし、シャンプーも安物だしでみるみる縮れていく髪の毛。ボサボサ頭のまま一本に縛っていつも誤魔化しておった。。。

 

唯一入れてきたメッシュがなんとなく私のなけなしのプライドだった。それももう伸びちゃって全然お洒落じゃないんだけど。。。ね。。。

 

そして気づいたらいつの間にか化粧もせずにすっぴんで街を歩くようになっていた。女子力とは。

 

それでも夏はまだ良かった。みんなTシャツにジーパンとラフな感じで、お洒落よりナチュラル重視。むしろなんならみんなランニングスタイルの人が多かった。

 

なのに秋が来た途端、オスロっ子はみんなお洒落になっていた!!!

 

てっきり寒くなったら防寒重視のダウンジャケットばかりになるだろうと思っていたのに、みんなトレンチやらPやらチェスターやら・・・お洒落なコートばっかり着てるじゃないの(´⊙ω⊙`)足元もスニーカーじゃなくてブーツ!?

 

こちとら毎日黒のユニクロのウルトラライトダウンですわ!他にダウン着てるのなんて、おばさんぐらいしか見ないわ!😂おばさんでももっと小洒落た感じでダウン着こなしてるけどね!!

 

それでもかつては私にもお洒落を気にしてた時期があった!!!

 

f:id:koakI:20171013061556j:plain

眉毛が薄いのが流行った時代だったのよ。でも髪の毛は相変わらずボサボサだね、あれ?ww

 

f:id:koakI:20171013063047j:plain

髪の毛はくるくるパーマが好きだった💓もしかしたらあれかな。ボサボサしてるのが好きなのかもwwwちなみにこれは6年前くらいです。

 

f:id:koakI:20171013061527j:plain

カナダワーホリ〜ホテルの3年間は髪の毛真っ黒ストレート。仕事で夜会巻きをするためにロングヘアだったけど、仕事を辞めた時に断髪して茶色くしてくるっくるパーマ復活!!この髪型が一番好き&好評だったな〜✨これがなんとたったの1年前。

 

 

・・・・・・・からの。

 

f:id:koakI:20171013061631j:plain

 

そりゃムンクも叫びたくなるわ!!!!

 

さすがに顔がキモチワルすぎて隠しましたwwww人って手を抜くと一年でこんなに変わるんだね・・・・。

 

f:id:koakI:20171013064703j:plain

普通にしててもこんな感じ。まず髪型がないわ。大仏ヘア。

 

大人になったっちゅーか、、、

老けたっちゅーか、、、

笑顔くたびれてない?ww

 

華の20代これでいいのか😭!?

否、良くない!!!!

 

薄々思っちゃいたんだけど多分私黒髪が似合わないwwパスポートが茶髪でくるくるの気合入れた写真だったんだけど・・・カナダでも色んな人に「この写真いいね!もっとがんばりなよ!」みたいに言われたな。。。カナダの時も黒髪ロングだったから。。。

 

くそー!!!私だってやればできる!もうちょっとマシになるはずだ!せめて髪だけでも巻こうじゃないか!!!ちょっと痛い出費だけどamazonで海外兼用を購入し、郵送してもらい、私は女子力を取り戻したいと思います!!!

 

ちなみに服のセンスのダサさは昔からだから。こればっかりはどうしようもないw冬になればどうせみんなあったか防寒コートだし!

 

バイトが決まった喜びの後に、ちょっと反省した日でした。

 

rie - 晩秋のきのこ狩りはちょっと難しい

どうも。rieです。

 

タイトルの通りのお話を書きます。

 

あ、しょっぱなからいきなり余談なのですが、タイトルって考えるの、いと難しいですよね。いつも悩むのですが、手短にまとめることのできないわたしは、大概めちゃくちゃ長いタイトルになってしまっています。

 

そういえば大学生のころは写真部に所属していて、写真を展示するたびにタイトルを考える必要に迫られていたわけですが、わたしは好きな本や歌の題名を借りていました。

ちょっと面倒くさかったのも確かにありますが、わたしの場合、写真を撮るときって大した意図がないのです。忘れたくないから撮る、というよりは、夢うつつで撮っている、とでもいうのでしょうか。うーん、いやそんなことはないんだけど。

でもみんには、眠い(別にボケた写真は撮ってないのだけど、きっと誉め言葉ではないと思う)とか、面白い先輩には、あなたの写真はいつも深煎りコーヒーの香り、と言ってくれましたり。これはひそかに気に入っているよ。でも結局、抽象的というか、現実味のない雰囲気なのでしょう。そういった写真たちにタイトルを付けるのは、ほんとうに悩んだものでした。

 

とにかく、写真に対する強い意図がこれといってなかったため、組写(何枚かの写真をひとつの作品として展示する手法)にしていたし、なんとなく写真の醸す雰囲気が似ている言葉や歌詞の入っている作品から、ひとこと拝借することが多かったなあ。

 

なんて、写真の話はまたいつか。実はこういう分野をかつて勉強していたこともあり、イメージの話をするのは楽しくなっちゃうのだけどね。誰か語り合いたい人がいたら教えてください。ぜひ、お酒でも呑みながらのんびりお話ししましょう(ただし高いから家で)。

 

 

 

 

さて。本題に入ります。

 

いつだかの、森に関する記事では、わたしがノルウェーに来てから採った食材を紹介しました。まだ読んでいない方はこちらから↓

 

koakilife.hatenablog.com

 

この記事を書いたその後も、わたしは何度か森へ行って、きのこ狩りを楽しんでいます。

 

シーズンが始まったのは、9月ごろでしょうか。前にも少し書きましたが、きのこにも旬があるので、初めて行ったときに採れたきのこたちは、今はもうほとんど採れません。ああ、かなしき。

ですが、それに代わって沢山採れるようになったきのこたちもいます。

 

実は数日前、初めてひとりで行ってきました。怖いから、場所は行き慣れているところで。

 

f:id:koakI:20171008035237j:plain

前日の夜には雨が降っていたようですが、とてもお天気に恵まれました。

 

しかし、晩秋のきのこ狩り、いったい何が難しいのか。

一言でいえば、その原因は「落ち葉」です。

 

落ち葉がきのこを見えづらくしているのです。食べられるきのこたちって、ただでさえ色味が地味な子たちばかりなので、イマイチ見つけにくい。

あった~!と思って近寄ると、落ち葉の確率が高い。ちょっとショックな気分になります。

 

更に、この日は晴れていたものの、前日の雨(もしかしたらここは当日の朝も降っていたのかも)で地面は湿っていました。

そうすると、きのこは菌ですから、腐敗しやすい。もしあってもびちょびちょで食べられなかったり、すでにカビが侵食していたり。

もっと危険なのは、見た目の似た毒きのこが存在する種類の場合、判別がしにくくなります。

 

 

そのため、この日もお昼過ぎに入って約2時間、ひたすら歩きまわっても、ちょろっとしか採れませんでした。しかも同じ種類ばかり。

 

この子です。

 

f:id:koakI:20171008035839j:plain

 

前回もいらっしゃいました。traktkantarell です。

 

写真を見て頂くと分かるように、背も高くないですし、茶色いし、周りの落ち葉や土に同化しちゃっています。わたしは視力もあまりよくないので、たぶん高確率で見逃しているんだと思います。

 

ただし、この子をはじめ、いくつかの種類は群生していることがとても多い。

なので、見つけにくい色をしていますが、ひとつ見つけたらお手のもの。周りをよ~く観察すると、あちこちに生えているので、一度に大量収穫が出来ちゃうのです。

こんなもんかな、と思っても、落ち葉の下や草の茂みなどをしぶとく探すと、けっこういます。

 

 

とはいえ、前日の雨のせいか、思ったほどの量は採れなくてガッカリしつつ、じゃあもう今日は適当な場所でおやつ食べて帰ろうっと、と思い、倒木に腰かけてシナモンロール(前日に買ったので硬かった・・)を食べながら、足元をぼーっとみていたところ。

 

 

このへん、めっちゃtraktkantarell いる・・

 

 

ちょっと嬉しくなり、そそくさと採り始める。周りを見たら、本当に沢山生えていました。

 

すると、少し周りを観察し終わったところで、ふと気付いたのです。

草の茂みに、見慣れない黄色い何かがあることに。

 

試しにどかしてみると

 

f:id:koakI:20171008041310j:plain

 

あ!やせいの kantarell があらわれた。

 

そう。これも実は前回のきのこ狩りの際、違う森でも見つけたのですが、ほんとうに小さな子が2つくらい生えていただけで、まさかこんなにも大きな子が、しかもオスロの比較的よく知られた場所で見つかるとは思いもしなかったのです。

この日は、それまでtraktkantarell しか採れなかったので、ほんとうにうれしかったです。

 

ちなみにこのkantarell はヨーロッパ諸国で特に人気の高いきのこのひとつだそうで、もし森に生えていたら速攻で採られちゃうくらいのレアキノコみたいです。まあ、黄色いから目立つってのもあるよね。

 

更に、山を下ろうと別の道を行ったところで、また奇跡の光景に遭遇。

 

f:id:koakI:20171008041720j:plain

あ!やせいのpiggsopp があらわれた。

 

しかも、わたしが今までに見たことのないくらいの大きさと群生加減。なんだ、この一帯は穴場だったのかしら。そういえば前に同じような道を通った際も、大きなポルチーニをいくつか見つけたような。

とにかく、これも嬉しい。だってこの子、歯ごたえがあっておいしいんだもの。

 

ただし、この一帯はけっこう大きなアリ塚が近くにあって、しばらくきのこの土取りに集中したあと、ふと足元を見たら、もんんんのすごい数のアリが長靴にたかっていて衝撃を受けました。ここ最近で一番のホラーな思い出。

 

しかし、この近くにはさらにたくさんのきのこ達が生えていて、もう途中で「今日はもういいや!」って諦めてしまったほどでした。帰り道、きのこが重すぎて大変でした・・

それにしても、前半の苦労は一体なんだったのか、と思うほど、後半でたっぷりきのこを採って帰宅しました。ほくほく。

 

 

というわけで、この日の成果をご覧ください。

 

f:id:koakI:20171008042519j:plain

 

すこし分かりにくいですが、すさまじい量です。

左上にpiggsopp、右側にtraktkantarell、そして真ん中にkantarell 。

 

これを、主に左下のナイフを使って、土を採ったり、食べられない箇所を除いたり、虫がいたら追い払ったりします。

この作業がなかなか大変なのですが、今回はあまりにも多すぎて5時間以上かかってしまいました。色々ほかのこともやってたとはいえ、長かったです。

 

でも、いいの。この作業も含めてきのこ狩り。最後には美味しく頂けるのだと思うと、不思議と頑張れてしまうものです。

 

 

 

ところで、これまでずっとtraktkantarell を連呼してきましたが、途中でなんとなく似ているけれど違うような・・?と思わしき子たちがちらほら。

まさか、ヤバキノコを採ってしまったか?と思われそうですが、そうではないのでした。

 

実は、めちゃくちゃ似ているきのこがあるのです。

 

f:id:koakI:20171008043218p:plain

 

gul trompetsopp(黄色いトランペットきのこ)という種類。幸い、この子だとしても食べられます。

 

ちなみにtraktkantarell はこっち。

f:id:koakI:20171008043350p:plain

 

正直なところ、違いがよく分かりません。

もちろん、これはイラストだから色や形にハッキリとした違いが見受けられますが、わたしも処理をしながら試しに似ている子たちと仲間分けしてみました。

 

しかし、途中でどちらともいえない子が出てきたりして、余計にこんがらがってきたので、もういっしょくたにしてしまいましたとさ。雑。

でもなんとなく、traktkantarell っぽいな~と思った子の方が、香りがつよかった印象でした。まあ結局分からないんだけどね。

 

 

そんなわけで、以上きのこ狩り報告でした。まだもうちょっと採れるんじゃないかしら。あと1回くらいは行きたいものです。

 

これから森へ行こうかなと思うみなさまは、寒さ対策をしっかりして、長靴を履いて、目をよく凝らしながらきのこを探してみて下さいね。

 

 

 

 

 

最後に、今日のおやすみソング。

 


Sóley: Never Cry Moon

 

 

ではでは。

 

 

rie

滞在4ヶ月目のオスロ観光

こんにちは!

 

実は数日前から高校時代の友達がオスロに来ていて、ちょうどルームメイトが旅行中で留守なのを良いことにうちで共同生活をしています😙

 

高校の時はそんなに喋った事がなかったんだけど(同じクラスの時もあったのにw)、卒業して数年経ってからかな?時々高校の集まりで合うようになり、お互い海外が好きということで話も合い、こうしてオスロで一緒に暮らしてもなんの違和感もないのが不思議ですw

 

友達は今世界一周中でホステル暮らしが長いし、私もルームメイトと住んでいるしで、家にプライベート空間がなくても慣れっこになった様子。リビングに二人でいても好きなことをしていたりと、無理しなくていいのでめっちゃ楽です。

 

今日はそんな彼女を連れて山登りに行こうと思って久しぶりの早起き!朝8時半に起きて、バナナと野菜ジュースを食べる。久々に晴れわたった爽快な青空が気持ちよくて、良いハイキング日和だと思いながらバナナを食べきると、途端にお腹が グルルルル・・・ と不穏な雰囲気に。

 

とりあえず化粧をして、髪の毛を結んだところで腹痛がいよいよやばい!アーーーーー痛いーーーー😭😭😭とトイレにこもること、体感時間にして5分(短いw)。

 

目眩と嘔吐感に見舞われ撃沈ww

 

オスロに来て初めて体調崩しました。どんなに精神はどん底でも身体は元気だったのに!何故よりによって今日!?

 

しかもこの感じ、初めて急性胃腸炎で寝込んだ日の症状に似ている。。。下痢、目眩、嘔吐、寒気、耳鳴り・・・お腹痛いけどどうにかやり過ごして寝れば治るを信じてベッドに横になる。

 

救急車呼んだらお金かかるんだっけ。むしろ救急車何番だっけ。お医者さんどこへ行ったらいいんだろう。なんて考えながら寝ること1時間半。

 

元気回復😇✨まだちょっとお腹はズキズキしたけど、まあこのくらいなら大丈夫と思って観光に出かけました!

 

出発時間が大幅に遅れちゃったのでハイキングは明日にして、木曜日だったので、JAVAでコーヒー→国立美術館→要塞→アーケシュフース城→ヴィーゲラン公園→sognsvannとまわりました。

 

以前JAVAで食べたブラウニーが本当に美味しくてねえ。濃厚しっとり。今回はレモンケーキを食べました。幸せの極み。ほろっと崩れやすいんだけど、程よくしっとりしてて、何よりレモン?の食感がたまらない!食べてるって感じのする食べ応えのあるケーキでした!お腹壊したばっかりだし大丈夫かなーと思ったけど、大丈夫だった✨

 

国立美術館は今日は無料!アジア系の団体客が多くてびっくり。まだツアー客来るんだねえ。日本人団体客もいたよ。ムンクの叫びの前で、同じポーズをしたんだけどあまりにも顔がキモかったのでここには載せませんwww 友達は考える人の前で考えるポーズをしていました。私たち常に面白いこととネタを求めているから、だいたい考えることは一緒で。でも私にはあそこで考えるポーズをする勇気はなかった😂

 

要塞は以前道に迷った時に辿り着いた場所なんだけど、入り口に軍服とベレー帽をかぶった兵士のような人がいるからいつもちょっとビビる。でもその奥は昔ながらのレンガ作りの頑丈そうな歴史ある建物が並んでるし、紅葉の並木道がとっても綺麗で、すんごく穏やかで落ち着く場所なの。

 

f:id:koakI:20171006061344j:plain

 

ここからアーケシュフース城に続く道には私の愛してやまない跳ね橋も!

 

f:id:koakI:20171006073950j:plain

 

f:id:koakI:20171006075535j:plain

 

初めてオスロに来て「ムーミンぽ〜い。北欧っぽ〜い」と思ったのも、そういえばここだった。やっぱり私は歴史のある古い街並みが好き。

 

それから路面電車に乗ってヴィーゲラン公園へ!私は12番のトラムに乗るのが大好き💓Frognerの綺麗な建物群をどんどん抜けていくのが楽しくて。見ていていつも飽きない!時間があるときはいつも12番に乗って帰ります。ちなみに国立美術館からヴィーゲランまでは歩けない距離ではないので、歩いても良いと思います!

 

ヴィーゲラン公園に正門から入ったのは実は初めて。ここで一番観光に来た気分を味わいました。あの庭の広大さと奥行きはなんだかフランスのヴェルサイユ宮殿の庭を思い出したよ。豪華さは全然違うけど広さはなかなか良い勝負なんじゃ!?

 

f:id:koakI:20171006075206j:plain

 

f:id:koakI:20171006075311j:plain

 

なんかこうやってみると短刀に見える。それかペンライト。それか・・・・

 

だいぶ陽も落ちて来たので、帰ろうかーってなって。でもあまりにも青空が綺麗なので大好きなSognsvannに立ち寄りました。こういうとき家が湖近くてよかったなあって思う。気軽に寄れるからね。

 

f:id:koakI:20171006080122j:plain

 

f:id:koakI:20171006080253j:plain

 

このマジックアワー終盤の薄紫というかピンク色が大好きで。真っ赤だったりオレンジだったりピンクだったり本当に空って見ていて飽きない。綺麗な色。これ高性能カメラだったらもっと綺麗に撮れるのに!って思うけど、このブログはありのままを伝えていきますwwよくいえば現実味溢れてるってことで。笑

 

オスロは見所ないからな〜〜〜〜どうしようかなあ〜〜〜〜と友達が来る前は頭を悩ませていたのですが、実際回ってみると面白い。まあ友達といればどこにいっても面白い。

 

それに私がもう見慣れてしまったものでも、友達の北欧感に引っかかる景色は所々あったようで写真を撮っている姿を見るたびに嬉しくなりました。オスロを好きになってもらえたら嬉しいなんて、私もだいぶオスロ市民としての自覚が芽生えたようだ。笑

 

それに観光地を巡る旅って朝早く出て夜遅く戻ることが多いけど、こうやってのんびり周るのもたまには悪くない。家帰って料理するならちょうど良いボリューム感だったなと。うん、良い1日でした!朝の始まりは最悪だったけれどもw

 

 

ところでこのブログ、ありがたいことに最近ではたくさんの方に読んでいただいてます。やっぱり読み手がいるってことはとても励みになりますし、嬉しいものですね!特に最近では知名度も上がって来たようで、メッセージをくださったり、先日はとある飲食店の研修中にお客さんとお話ししていたら「ブログ読んでます!」って言ってくださる方もいたり。普段ブログは読まないけどこれは面白くてって言ってくださって、どれだけ喜んだことか!!

 

*1

 

このブログを始めたきっかけは、「シェアしたい」でした。中でも楽しいことはみんなでシェアしたいという思いが一番大きかったので、ブログを面白いと読んでもらえることは本当に嬉しいです。

 

それから毎記事、スターを押してくださる方もありがとうございます。これからもマイペースにいろんなことをシェアしていこうと思っているので、改めてよろしくお願いします☺️

 

そして最後に普段はランキングに興味がないので(というか気になり出したら止まらなくなるので)バナーは設置していないのですが、ブログ村からのアクセスが一番多いので、ブログ村への感謝の気持ちとして今回はよくみるアレ設置しちゃいます笑

 

他にもノルウェー情報を発信しているお役立ちサイトや面白いサイトがたくさんあるので、ぜひこの機会にチェックしてみてください💓cozさんのブログと、あきたんのブログはここに来る前からチェックしていてすごく助けられたブログです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

*1:Mさんへ。携帯のSMS機能が何度試してもエラーでメッセージを送れず・・・後日どうにかしてから連絡するので、もうしばらくお待ちを💧すみません!