もうじき、ぼくはまた旅にでるんだ

猪突猛進にEUを旅するブログ。と思いきや、ほぼ愚痴と心の闇 笑

ネーロイフィヨルド&ベルゲン旅行 準備編!

Hei :)

 

みなさん、いかがお過ごしですか?

私は先日世界遺産ネーロイフィヨルド

ベルゲンに行ってきましたよ😊

 

f:id:koakI:20170802020751j:plain

f:id:koakI:20170802040632j:plain

Nærøy fjord

 

f:id:koakI:20170802020757j:plain

Bryggen in Bergen

 

出発3日前に突然、友達から

「ベルゲンに行かない?」と連絡が✉️...

行ける時に行く!がモットーなもんで即答✨

 

こうして早速行き方を調べたところ、

Norway in a  Nutshellというサイトがヒット!

 

www.norwaynutshell.com

 

フィヨルドやその他の観光名所への

パッケージツアーを提供していました。

 

一般的にはこーんな感じで

オスロ駅 … ベルゲン急行 … ミュルダール駅

ミュルダール駅 ... フロム鉄道 ... フロム駅

フロム駅 ... フェリー ... ベルゲン or グドヴァンゲン

世界一美しい車窓と言われるフロム鉄道と

フィヨルドクルーズを含めた上で

ベルゲンまで行っちゃいます。贅沢(゚ω゚)

 

最初はネーロイフィヨルドなんて知らなくて、

フロムからソグネフィヨルド経由でベルゲンに

行くつもりだったんです!!

 

だけども・・・

ネットで何度検索をかけても、復路で

フィヨルド→フロム鉄道→ベルゲン急行と

帰ってくるプランしか出てこない・・・

往路は電車でオスロからベルゲンへ突っ切る。

 

ま、、、まさか、、、!!!

 

出発2日前、祈るような気持ちで

オスロ観光案内所へ行って確認しました!

 

👩 <残念だけど、金土日の往路は完売です。

 

だよねーーーーーー(^◇^;) 💦

私たちが行こうとしていたのは金土日!

しかも7月最後の!

シーズンど真ん中ですよ!

 

ネット上では復路だけ空いてたと聞くと

あるにはあるけど、ほとんど満席で

残ってるのはオスロに0時過ぎに到着・・・

・・・・😭

 

フィヨルド行く気満々になってたから

この時のショックは計り知れず・・・

 

しかし!

だからと言って諦める私ではない!

 

パッケージが完売なら

一つ一つ自分で購入すればいいじゃない!

 

こうしてオスロ中央駅のカフェに居座り

携帯で調べまくる・・・・

 

オスロ → ミュルダール(5時間強)

・ミュルダール → フロム(1時間)

これはベルゲン急行、フロム鉄道と

名前こそ違うけれど運営はNSBなので

どちらもNSBで空き状況を確認しました。

 

NSB(ノルウェー国鉄)

Trainticket Norway - nsb.no/en

 

ネット上で予約は勿論出来るけど

とある方のブログで発券がうまく出来ずに

2度支払うハメになったとあったので

これはオスロ駅の券売機で直接購入!

 

・フロム → グドヴァンゲン(旧型2時間)

ベルゲン直行フェリーが見つけられず

ネーロイフィヨルドを経由してグドヴァンゲンへ。

このサイトから時刻表と予約ができます。

 

www.visitflam.com

 

そこからバスを使ってベルゲンへ行く事に。

実はこれが悲劇の始まりだった・・・。

 

グドヴァンゲンからベルゲンへのバスは

5分間隔で出ているとネットにあり、

それなら大丈夫だなー予約もいらないか〜と

何も疑わずにそれ以外のチケットもホテルも

帰りの飛行機までも予約した私・・・。

憧れのフィヨルドとベルゲンに行ける✨

それでもう頭はいっぱいだった。

 

だけどよくよく考えたら、

5分間隔なんてやっぱりおかしい。

片道2時間もかかるバスが、ましてや

海外でそんなに頻繁に出るか・・・?

 

帰宅してからパソコンを使って調べまくるが、

ちっっっっっともそんなバスは見つからない😰

 

グドヴァンゲンーベルゲン間を運行してる

唯一のバス会社の時刻表を確認すると・・・

最終バス17:45

 

では私たちがグドヴァンゲンに到着するのは?

到着時刻19:15

 

アーーーーーーーそんなーーーーーーー(´;Д;`)

 

だってフェリーの最終到着時刻なんて

確か20時とかだよ!?

普通、最終バスはそのあとに出発するでしょ!?

という私の変な思い込みもあり大失敗。w

 

この衝撃の事実に気づいたのが深夜0時w

急いで友達に連絡をして、ベルゲンの宿を

一回キャンセルしてもらい

Airbnbでグドヴァンゲン周辺の宿を探すも

何もないwwwww

 

行ってみてわかったけど、

グドヴァンゲンは村とすら言えない

いわば登山中の山小屋のようなスポット。

あるのはホテルだけ・・・

 

gudvangen.com

 

Booking.comで調べるとその唯一のホテルの

ヴァイキングルームって部屋が1室だけ残ってる!

それ一番高い部屋やねん😂

ベルゲンの宿は1泊2000円くらいに対して

ホテルは13,000円くらいww

 

だけどグドヴァンゲンから出る術がない以上

とりあえず宿は確保しなくちゃ!

幸い宿泊日前日までならキャンセル料無料だし!

って事で、いっそいで予約を取りました(・・;)

本当にあの時はヒヤヒヤした〜〜〜〜

キャンセル料無料ありがたい!

 

そのあとも夜中の4時くらいまで

なんとかベルゲンに行けないか

もしくはAirbnbのある町まで出られないか

ずーっとずーっと調べてみたけど結果は虚しく。

 

 

 

更にグドヴァンゲンからベルゲンまでのバスも

9:45の次は11時台か13時台しかなくて

観光地で繁忙期のくせに!!とプンプンしながら

予約を取ろうとするも・・・

 

何度やっても”海外のカードは使えません”て。

やる気あんのかこの観光地👊!!!!!

 

友達に頼んでオスロ観光案内所で

なんとか優しいお兄さんに予約をしてもらいました。

ちなみに私が行った別の案内観光所では

「予約は無理ね」で終わりました。

私物携帯にひっきりなしに電話がかかってきてて

(それを机の上に置いてるんだよ)

その電話に出たいが為に話を打ち切られたような。

 

Nettbuss  https://www.nettbuss.no

ここ以外にも確かもう一つバスが出てたかも?

でもこっちの方が本数が多い。

Gudvangen E16 から Bergen busstasjonへ。

 

ところで私、この時ね、反省したw

宿泊業時代、海外からのお客さんからの問い合わせで

バスやレストランを予約するの面倒くさかったし

行き方とか調べればいいじゃんと思ってたけど

あのね、調べるのも大変だね。

 

どうやって調べればいいのかも分からないし、

ましてや東京なんて私にもややこしすぎるし!

大体情報は英語でしか書いてないから

英語苦手な人にはチンプンカンプンだし。

 

定期的に何も分からない別世界に行くのは大切

初心を思い出すし、色々省みるし

改めて日本が客観的に見えた。

カナダにいた時に学んだはずなのに

すぐに慣れて忘れちゃうんだよねえ〜

 

まあ、話は逸れましたが

一時は野宿も危ぶまれたけれども

無事に全ての手配が終わってひと段落😄!

 

この時すでに満席の列車が多かったから

乗り継ぎスムーズって訳には行かず

 

ミュルダールで3時間待ち

フロムで1時間待ち

グドヴァンゲンで1泊

 

と、だいぶ時間に余裕のある旅程に。

だけどこれが結果的に最高だった!!!

 

ただの乗り継ぎポイントだと思ってた

ミュルダールのハイキングは最高だったし

 

泣く泣く泊まるはめになったグドヴァンゲンは

この旅で一番感動した!!!

 

いやー行ってみないと分からない。

なかなか日本語のサイトでは出てこない

ミュルダールとグドヴァンゲン・・・

次回はこの2箇所の魅力をたっぷりお届けします💖

 

f:id:koakI:20170802034220j:plain

Myrdal

 

f:id:koakI:20170802034321j:plain

in the morning in Gudvangen

 

f:id:koakI:20170802034446j:plain

Nærøy fjord at 5 am in Gudvangen

 

f:id:koakI:20170802034703j:plain

me and sunset