\... ノルウェイ北欧暮らしメモ .../

北欧暮らし。色んな人の色んな目線で。

一と個。

Hei hei!!

 

東京の良いところは

新しい出会いがたくさんある事かもね!

 

最近友人のお店のイベントに行っては

新しいお友達が出来ます。

しかも想いが似ている人が多い。

 

今の社会に対して疑問に思う人々。

 

でも多分、生きてる人って

今に疑問を感じるのって当たり前で。

 

疑問が生まれるってのは

人間の特権で。

考える力があるから。

それが欲な時もある。

でも今をより良くしたいという気持ちは

一緒なんだと思う。

 

今の社会が問題なんじゃない。

 

社会なんて

世界なんて

いつも問題ばかり。

 

昔だって色々問題はあった。

 

病気で死ぬ人が多い。

戦争で死ぬ人が多い。

 

戦時中では人種差別。

人の命とは。

 

そして今は自分たちの生きる

地球の問題。

 

正直、自分の幸せって

もうどうでもよくて。

だって命の危険はもうない。

 

今の社会の問題って

どう自分が心豊かに生きるかが

すごく重要視されてて。

個を見て、一を見失う時代かなって。

 

これは鋼の錬金術師であったけども、

一は全、全は一って。

 

個じゃなくて、

一なんだよね。

 

世界を構成する一でしかない私。

私は一。

一って考え方も奥深いよね。

 

私にとって私は一で、

その一は全て。

 

でも世界からみた一は

小さな構成要素のひとつでしかない。

 

窮屈そうでも

頑固そうでも

東京にも木や草がある。

 

あ、でも虫がいない。

東京では蜂を見ないな、そういえば。

蝉もアブラゼミしかいない。

ヒグラシもツクツクホーシもいない。

 

東京はやっぱり少し

生きづらい土地らしい。

 

それでも色んな出会いがある。

 

今、東京で働いてて

そこにはずっとレストランで働いてきた

職人たちがいる。

 

全然考え方も感じ方も違う。

私はかなり異質な方だとおもう。

話しててそう感じる。

 

だから自分の居場所じゃないと思うことも

よくある。

 

でもそういう人たちの話を聞くのも面白いし、

今しか出来ないと思ってる。

田舎に行くのはきっといつでもできる。

 

でもこうしてレストランで一から始めて

自分の知らない世界をこじ開けるのは

30歳の今しか出来ないと思う。

幸いまだ教えてもらえるから!笑

 

辛いけど、辛いことの方が

糧になるから。

 

はーノルウェーが恋しい。

世界中で会った人たちが恋しい。

みんな元気かな。