もうじき、ぼくはまた旅にでるんだ

猪突猛進にEUを旅するブログ。と思いきや、ほぼ愚痴と心の闇 笑

ノルウェイの森のFrønsvollenに行ってきたけど・・・?

Hei ;)

 

今日はタイトルの通り、

ノルウェイの森にあるFrønsvollenに

行って来ちゃいました〜😆!

 

f:id:koakI:20170724082414j:plain

まあオスロの森なんだけどね。

オスロ中心地から電車で40分。

 

ここではFutureLibraryという

プロジェクトが進行しており、

何かと言うと本をつくる為に木を植えて

100年後に出版する!!

というものです🌱...

毎年一人ずつ著者が選ばれて執筆するけど

出版されるのは木が成長して紙になる100年後!

・・・誰も生きてないだろうなあ

詳しくはこちら👇👇

 

www.futurelibrary.no

 

2014年5月に主催者がこの森に

1000本のトウヒの木(松の一種)を植えたらしく

それを散歩がてら見にいこうと思い立った! 

 

 

ウェブサイトに親切にマップもあったから

それをスクショして〜〜〜・・・

 

・・・・

 

f:id:koakI:20170724054455j:plain

確かにこの地図で大丈夫かな・・・とは思ったよ。

でも徒歩30分だっていうし、、、、

まあ大丈夫だろうという根拠のない自信

 

だけどそもそも

"follow the path lined with streetlights for skiing"

ってあるけど・・・

スキー用の目印がある道って言われても・・・

スキー用の目印ってなに?状態。

 

行けばわかるだろう、ということで

スタート地点のFrongnerseteren駅を出発。

目指すはFrønsvollenの看板、

その近くにFutureLibraryForestはある!

 

ちなみにこの時既に18時😂

人が全然いないw

 

f:id:koakI:20170724054533j:plain

わかりやすい道。素晴らしい。

これなら楽だな〜と景色を楽しみながら

どんどん歩き進めていく

 

f:id:koakI:20170724054942j:plain

突然の急勾配。ジェットコースターみたい。

 

f:id:koakI:20170724054849j:plain

ここで電柱の赤い印に気づく・・・。

これがスキー用の道の目印だ!!!

もうこれは楽勝ですねーと余裕モード^ω^

 

f:id:koakI:20170724054855j:plain

しかし現実は上手くいかなかった!!!

オスロの森はいろーんな所に道が通じていて、

めっちゃ分岐点多いし小道も多い!!!

 

f:id:koakI:20170724054455j:plain

もうね、こんな地図じゃね、無理だよ!

ぜんっぜんわかんないよ!

 

それでも合ってるだろうって最初は思ったけど

向かい側から来た男性二人組に地図を見せて

 

・ω・<ここに行きたいんだけど、道合ってる?

👬   <あーちょっと違うね〜。

・ω・(そ、そんなバカな!ほぼ一本道だったはず!)

 

自分の携帯でマップ見ながら考えてくれる二人・・・

ありがたや〜ありがたや〜🙏

 

👬 <tryvannって湖に行く途中にあるから、

    tryvannを目指して歩いたらいいよ!

   分岐点あったら左に曲がってね!

 

ありがたき助言と、応援を胸に再び歩き出す私。

あまりの人気の無さと森具合に熊にビビり出す私。

いつも山登りの時歌うのはトトロのさんぽ。

熊・・・いないか。

 

f:id:koakI:20170724054627j:plain

ちなみにハイキング用の道には青い印。

熊どころかトトロ出て来そう🌱

 

f:id:koakI:20170724055630j:plain

程なくしてたどり着いた分岐点!

看板にはtryvannの文字が

彼らの言った通り左に向いてる!

 

ちなみにそんなにばかでもないので

一応Frønsvollenがないか探してみるも・・・

ない!!!

 

いやー人に聞いておいてよかったわ〜と

自分を褒めながら左へ進む。

 

これが本当にいろんな意味での分岐点だった。

 

f:id:koakI:20170724054724j:plain

ゴロゴロ転がる岩場を

アナ雪に出て来そうだなーと思いながら歩く。

それにしても写真のクオリティが低い。

 

結構歩いたしそろそろかなと思ったらまた分岐点。

そしたら・・・

Tryvannへの道はまっすぐ。

Frønsvollenへの道は斜め右。

 

・・・おや?

道が分かれたぞ・・・?

でもここはやっぱりFrønsvollen?

 

と悩んでいたら、運よく向かい側からカップルが!

仲良く散歩中に声をかけるのは気が引けたけど

ここで遭難するわけにはいかない!

 

・ω・<すみません。ここに行きたいんですが・・・

👫  <行ったことないからわからないなあ・・・

 

と言いつつ、彼氏がgooglemapで調べてくれる。

 

f:id:koakI:20170724065355p:plain

現在地が星マークで、目的地は右上・・・。

3人して目が点・・・👀

あれ・・・?道、ない・・・ね?

 

彼氏がわざわざ航空写真まで出してくれる。

 

f:id:koakI:20170724065415p:plain

森・・・だね・・・・。

でもこれ以上彼らの時間を奪う訳にいかず

とりあえず歩いてってダメなら戻ってくる👍

と伝えて、バイバイしてまた歩き出す。

 

そしたら数秒後

 

👫 <ねえ、ちょっと!道あったよ!

 

何ーーーー!と思ってすぐさま引き返すと・・・

これは本当に写メ撮り忘れたのが

とっても悔やまれるんだけど・・・

 

大きな岩に黄緑色のペンキで

←Frønsvollen」の文字・・・。

 

その矢印の先には・・・・

獣道。

入り口草で隠れてますけど・・・・

絶対誰も行かないよこんなところ・・・

 

いやしかし確かに地図で見た感じは

突っ切らなきゃたどり着けないしな!

仕方ない、行ってやる!

 

ってことで、獣道に踏み込みましたよ。

もうね蚊の多いこと。

でも入り口付近は獣道だったけど

途中から一応道らしい道にはなっていたよ。

 

f:id:koakI:20170724055052j:plain

f:id:koakI:20170724055144j:plain

f:id:koakI:20170724055253j:plain

f:id:koakI:20170724055348j:plain

色々あるけど一つ言いたいのはアレだね・・・

目印、黄緑だけはやめてほしかった!

他にもオレンジとか黄色とかあるでしょーよ!

緑って保護色じゃん!

葉っぱと同化して分かりづらいのなんの!!

マジで迷うかと思ったわ😂

 

ただでさえ一人で心細い上に

19時だしさー!熊とか蛇怖いしさー!

くそーっと思いながら山登りしてると・・・

 

f:id:koakI:20170724055435j:plain

突然出て来た電流通ってますみたいなあれ。

・・・・?

これは・・・渡っていいの・・・?

 

しばらく迷ったけど、ここが植林した場所で

これは鹿避けなんじゃ!?という結論に。

ビビりながら渡ってみる。

 

その先は木々はなく、ひらけた野原で・・・

さすがに1000本植わってるようには見えず。

一体ここはどこなんだ・・・と思ってたら

建物が見えて来てさらに人の声も聞こえた!

 

人のいる方に行きたいのに意味深なロープが

私の道を塞いでいる・・・。

あれ、これ電流のやつ?と思ったけど

しょぼく見えたから潜ってそれを越える。

 

するとすかさず話しかけて来たおばさん。

やっぱりロープ触っちゃいけないやつだったw

Don't touchって書いてあったw

でも触っちゃったけど痛くなかった

生きてて良かった😇💦

 

で、そのノルウェー人3人組にFutureLibraryに

行きたいんですけどーって聞くも

マイナーすぎて全然知らなかった(^◇^;)

そーだよね。

ただここがFrønsvollenだよ!と教えてくれた

 

よし!近くまで来たぞ!と思うと同時に

もう現在地まるでわからないし!

暗くなっちゃうし!疲れたし!帰る!

ってなった。

 

f:id:koakI:20170724055518j:plain

これがFrønsvollenからの景色です。

曇り・・・。

 

f:id:koakI:20170724065424p:plain

ちなみに獣道は赤いルートな感じで

森を突っ切ってました。

結局あの電流で囲まれたエリアはなんだったんだ?

 

帰りはもちろん獣道は通らず、

カフェを横切って南下しました。

 

そうして歩くこと、約10分・・・

見覚えのある場所に・・・。

 

f:id:koakI:20170724055630j:plain

そう。この分岐点!!!

なんとこの道を右に行っていたら

何の苦労もなくFrønsvollenに着けたの!!

看板にはFrønsvollenて言葉はなかったのに!

 

こうして今日も見事にオチがつきました😂

まあ楽しかったからいいけど!

ネタにもなるし笑

 

f:id:koakI:20170724055721j:plain

Frongnerseteren駅近くのレストランから見える

オスロの景色。

今度ここにミートボール食べに来たいな

今日はトイレだけ借りたw

オスロ、トイレ少なすぎる

 

ところで

 

正直、エコを考えるなら

本は紙よりタブレットの方が良いと思う。

個人的には断然、紙派だけど、、、( ̄∇ ̄)

100年後の本のためっていう前提で

木を植えるのは環境保護活動に

なるような、ならないような?

タブレットで出せばいいんじゃ?

って最初は思った。

 

でもやっぱり木を植えるのは良いこと!

なぜならその木にはもう買い手と用途があって、

100年の間はそこに立派な森が出来るから

 

以前、植林した時に聞いた話や

本で学んだ内容をちょっと語ろうと思う🙌

 

林業は100年サイクルの気の長い仕事🌱

先代が植えてくれた木を手入れして

伐採してまた新しい木を植える。

それを次の世代が引き継ぐ。

 

日本は70年前に木を沢山植えたけど

現状、山や森の木は植えっぱなしで

手入れが行き届いてないから下草が生えてない。

そうすると木の根だけじゃ土を抱えられずに

雨でどんどん地表が流れて行っちゃう。

それが土砂崩れや洪水の原因になってしまう。

 

あんなに日本には山や森があるんだから

木は伐採しない方がいいと思ってたけど

手入れされた質の良い山や森は少ないから

再生しなきゃならない。

 

でも伐採して山や森を再生したくても

買い手がつかなければ伐採された木が

無駄になるだけだからね。

利益がないと伐採する人たちの

生活もままならなくなっちゃうし。

 

手入れの行き届いてない木は

ただでさえ買い手がつきづらい上に

海外の輸入木材に価格で負けちゃうから

伐採しようにもなかなか難しい。

 

だから今、サイクルが

止まっちゃってるんだよね😓

 

それに針葉樹を沢山植えたから

野生動物の餌も極端に減ってしまって

今では棲み分けも困難で

いろんなトラブルが出てるしね(・・;)

 

だけどこのプロジェクトはそのサイクルを

皆に思い出させてくれるかもしれない😉

 

何万年先だと想像できないけど

まずは身近な100年後の未来のために

未来に届けるタイムカプセル。

100年後の人はどんな気持ちで見るかな?

いいなー私も読みたかったなー

村上春樹さん選ばれたら嬉しいな〜^ω^