もうじき、ぼくはまた旅にでるんだ

猪突猛進にEUを旅するブログ。と思いきや、ほぼ愚痴と心の闇 笑

考え事は外でしろ!!

Hei :)

 

オスロに来て、もうすぐ2週間が経とうとしています。

さてつい昨日、こんなことがありました。

 

ルームメイトを探していたL。犬2頭飼ってます。

大の犬好きで、愛犬がとても恋しい私は

犬に会いたい!と連絡。

快諾してくれて、8日に会いましょうとなりました。

 

7日朝  私:8日ですね!15時はどうでしょうか?

8日朝  私:今日は15時で大丈夫ですか?

8日15時  L:ごめんなさい!今メール気づきました。

           今日やる事が多くて会えるかわからない

 

・・・ん?

え、っと・・・うん🙃

数日前に、8日に会いましょうって決めた、よね?

そしてまた返事がこなくなる。

 

いいですか。

さんざん繰り返しますが、私のオスロでの記憶の大半は

「返事待ち」です。しかも今の所、返信率は1割。

ずーっと部屋に引きこもって、英語やノル語を読み

連絡を送り続けては待つ日々・・・。

 

もう嫌だ!!!!

 

窓の外は雨上がりの曇天。

100NOKと携帯をポケットに突っ込み

1週間使いまわしてるちょっとやばいペットボトルに

水道水をチャージし、家を飛び出した。

 

向かう先は、”モネの橋”。

1800年代後半、モネはオスロに短期滞在していて

その時に今いるSandvikaにある橋を描いてたのです。

(多分その絵はシカゴの美術館にある)

 

モネ好きとしては行かなくては。

ただ調べても住所は全然出てこなくて、

おおよその位置しかつかめず・・・

 

まあ行ってみるかとSandvika中心地に向かって

歩き出しました。

道端にはいろんな花が咲いてて(蓮華やたんぽぽも)

通行人はそれを摘んで家に飾ります。

 

ノルウェー語の音楽を聴いて言葉に慣れようと思い

昨日YouTubeで探しまくった結果

 *Morgan Sulele

 *Katastrofe

 *Innertier

が私の好みにヒット💗

AvichiiやEd Sheeranが好きな人なら好きと思う。

道中たった4曲をエンドレスリピートし歩き続ける。

 

30分くらい歩いてSandvika駅に出た☺️

・・・いやしかし雰囲気からして裏通りだこりゃ。

ちょっとボロい服の人多いし、閑散とした雰囲気。

しかしそんな中ポツンと立っている看板には

「Claud Monet→」の文字・・・

え、こんなところにあるん?????

 

f:id:koakI:20170710070637j:plain

 

・・・あったよ。

 

f:id:koakI:20170710070712j:plain

f:id:koakI:20170710070752j:plain

 

ここがモネの来た場所かーと感慨深く空気を吸い込めば

緑豊かな川沿いにもかかわらず

肺いっぱいに満たされる鳥のフンの匂い。

・・・めっちゃ臭いw

 

しかも人っ子ひとりいない。

なんかよく分かんない事叫びながら

カラスやカモや白鳥や鳩に餌をやる女性ぐらい。。。

さっさと写真を撮って去りました。

 

f:id:koakI:20170710070827j:plain

 

さて思いの外早く見つかってしまったので

とりあえず治安の良さそうな方に方向転換。

綺麗な身なりの人々が歩く方についてってみると

そこには・・・

 

キラキラ輝く水面と、

サラサラ風にそよぐ木々と、

ワンダーランドに続く小道が💗

 

f:id:koakI:20170710070938j:plain

……‥この小道の右側には海

 

しばらく小道を歩いてノルウェーの自然を堪能。

波の音と葉の揺れる音だけ・・・最高。天国。

ここら辺でだんだんと気分が回復^ω^

ヒーリングCDとかあるけど、やっぱり自然て言うのは

目と耳と鼻と肌で感じてこそ🌿!

 

だけどどうも川の対岸の方が人が沢山歩いているし、

離島に橋がかかっている・・・

行ってみよう。

 

f:id:koakI:20170710071038j:plain

……‥こう見えて吊り橋?なので揺れる

 

ここはKalvøyaという島で1時間もあれば一周できる。

もちろん車は入れません。

舗装された道もほとんどなく、土や岩の上を歩きます。

 

f:id:koakI:20170710071204j:plain

f:id:koakI:20170710071310j:plain

f:id:koakI:20170710071352j:plain

…‥‥雨上がりだから超大型のカタツムリがいた。

可愛くない。

 

所々に浜辺があって泳いでいる人がいた。

崖に立って釣りをしている人も!

海は本当に水が綺麗で、碧緑✨

水温は思ったよりぬるめ。

こんなに素敵な場所なのに人が全然いないの!

なぜなら人々は18時過ぎに続々とやって来るから。

 

最北端からは、フィヨルドが見えた。

 

f:id:koakI:20170710071232j:plain

……‥伝わらないフィヨルド感w 手前右は松です多分

 

うまく行かない事ばかりで、部屋でPCと向き合う私は

わたしゃ何でノルウェーに来たんだっけなあ?

このままじゃ何も出来ないまま帰ることになる

でも今帰る訳にはいかない!計画があるんだ!

と頭の中で悶々と自問自答を繰り返してた。

 

心配性だから先々の事まで考えるし欲張る。

何も確定してる事なんてないのに。

仕事辞めてお金も沢山払ってここまで来たんだから

何かを掴んで帰らなきゃって

何か意味を残さなきゃって。

 

だけどこの島を歩いて、フィヨルドを見た時に

 

あー私北欧にいるんだなあ・・・

 

って、何となーく思ったんだよね〜。

1年いる事もノルウェー語習得も文化や活動を見る事も

ぜーんぶ付加価値であって、

私はまずノルウェーに来たくって、

本当にこうして来たんだなって。

 

いやまあ何かを掴んで帰らなきゃいけないんだけどもw

部屋探してましただけでは帰れないんだけどもw

あと割と本気で漁船に乗りたいw

 

そしたらその後Lから

「明日から旅行に行くから会えないけど、

 戻ったら連絡する。

 私たちはとてもあなたに会いたいです!」

と返事が来ました😇

 

まあその前に

「もし今日中にやる事終わったら会えるから待ってて」

と言われて次に返事来たのが翌朝で

「ごめん気づいたらベッドで寝てた」

って来たからねw

もういーよ、返事こないのわかってたよw

21時まで待ったけどねww

本当に忙しい人みたいだから。

対して私は暇の王様、ニートだし🤣

 

ただもし今日散歩に出かけずにずーっと部屋にこもって

こんな返事をもらってたら

ノルウェー人恐怖症になってたかも笑

気分転換に出かけてよかった!

 

だからやっぱり考え事するなら、

青空の下が一番!

曇天もいつの間にか晴れたし。

良い景色見るとポジティブになるから!!!

ありがとうKalvøya

 

f:id:koakI:20170710071428j:plain‥‥‥伝わらない入道雲感w