もうじき、ぼくはまた旅にでるんだ

猪突猛進にEUを旅するブログ。と思いきや、ほぼ愚痴と心の闇 笑

Jeg er i Oslo.

Hei :)

 

ご無沙汰してます。

オスロよりお届けしております。

私無事にオスロに着きまして3日目です。

 

Q.さて、今日私は何をしていたでしょうか?

 

A.  1日中、部屋探ししてました

 

ここより先、テンションあまり高くありません。注意w

 

オスロの都会っぷりにショック!

さて、フランスから無事にオスロに来た私。

空港で国鉄のチケットを買うのが思いの外簡単で

車窓から外をみては「緑いっぱいだな〜」と

ウキウキ余裕気分。

 

・・・が!

オスロ中央駅から外にでた瞬間・・・!

 

カルチャーショック!大都会やないかーーーー😲

人多いし、バス多いし、トラム多いし!

空にはトラムの電線張り巡らされてるしっっ

え、本当にこれがノルウェーなの?

想像してたのと全然違うよ?

 

はい、ここで私一気に日本が恋しくなりましたw

 

それから予約していたホステルを目指すのだけど

どんどんと治安が悪くなってゆく・・・よ?

あれれ?なんか移民みたいな人多くない?

道路や壁荒れてない?

ちょっと心配になって来たw

 

そして、やっと辿り着いたアンカーホステル!

ぱっと見、宿泊客の9割が男性ですね!

女性全然いません!!

もう泣きたいっっ

てゆーかオスロについてから、2回は泣いたね!

 

4人部屋なんだけど、私以外全員男性・・・

何もないと思うけど、やっぱり気が張っちゃうよね。

幸い現時点では皆良い人だから良いけど、

1週間泊まるから人なんて変わるしね・・・

 

それが不安で不安で、一人部屋でダラーっとしたくて、

すぐさま部屋探しを開始!もう内覧なんていらん!

とにかく早くここから抜け出したい一心で、

今日は本当に1日中PCにかじりつきました。

 

難航する部屋探し

 

使ったのはfinn.noとhybel.noです。

現地の人は皆finn.noを勧めて来たから最初はそっちだけ

でもhybelの方が好みの部屋多かったな。

 

finn.noは学生向けって感じ。

中心地にあるけど狭い!20代前半の若者が多い。

対してHybelは25歳以上が多い感じがした!

中心地ではないけど、公共機関で30分くらい。

 

1日で11件メッセージを送ったけど、

このうち何人から返って来るかな・・・。

Hybelからは4件送ったけど、全部本命!

どれでも良いからご縁がありますようにっっ

 

まず1週間滞在するなら、ホステルじゃなくAirbnbだ!!!

 

最初に泊まるならAirbnbで個室を選ぶべきだった。

わたしゃこんなに女性が少ないと思ってなかったから

そこがまず想定外なんだけどね、

全然眠れないしシャワールームはびちょびちょだし。

 

Airbnbならオーナーから情報ももらいやすいし

ホステルは、あんまり手伝ってくれない・・・

忙しいからね。知り合いもできないからね。

 

知り合いいないのが今、地味にこたえています。

寂しい。この不安をぶちまけたいのに誰もいない。

 

そしたらFacebookで Subjapan なるグループを発見!

思ったよりワーホリ来てる人いたー!

仲間を見つけたことで少し回復。

 

全ては事前準備の甘さが原因

 

ワーホリ2回目だし、どうにかなるさーと思ってたら

意外とうまく行かない事ばかりで焦ってますw

まずナショナルID取るのが難関すぎてもうw

部屋と仕事、同時に見つけなきゃいけないの!?

 

部屋でこれだけ苦労してるので、もう帰りたいです

早く安心して眠りたい

 

ノルウェーきて3日間は、辛いしか言ってませんww

なんでノルウェー来たんだっけw

 

日本にずっといたらわからなかった事だから

来たのはよかったと思うけど・・・

 

まだ3日目だからね。

明日は明日の風が吹く

頑張ろう。

 

じゃあね〜

出発前夜

 

…ついに、

出発前夜でございます。

 

全然実感わきません!

 

お別れ会に次ぐお別れ会…

連日飲みまくって二日酔いで

また飲んで昼起きてを繰り返し

全然進まない荷造り…。

 

ノルウェーに関しては、もう出たとこ勝負。

1週間分のホステルを確保した以外

何も準備していません。

大丈夫でしょうか。

 

でも、だって、もう調べるのが

いやなんだもん!

調べても出てこないんだもん!

 

へそ曲がりましたw

 

友人たちとのお別れが何より寂しいです。

別に今生の別れでもないんだけど

やっぱり海外ってのは何があるかわからないから。

 

会う人会う人に何しに行くのかと聞かれて

・散歩が好きだから散歩しに

・高福祉社会どんなもんか見に

・エコ大国ってどんな感じか見に

のどれかを使い分けます。

 

28歳…行くなら何かを得てこなきゃだめだよって。

でもノルウェー語はマイナーだし…

ノルウェーに行って私は何をするんでしょうか?

 

不安しかありませんw

1年もつかもわかりませんw

 

でも、行く!

 

誰もが行ける場所じゃないから

私が行くって決めていけるなら、行くしかないじゃない!

それで違った文化や世界をみて発信して

良い事はみんなでシェアしたらいいじゃない!

 

誰も行かないから、私が行くのさ!

ヒントを探しに!

 

そんな感じで、ふわ~~~ゆる~~~っとしてるけど

多分行ったら頑張るから。

 

不安だし寂しいしこわいけど

行ってくるね。

 

さーてさて

どんな旅になるやら。

 

…現時点でひとつアドバイスがあるとすれば

ワーホリ行く前に旅行行くのは

根気のある人だけって事ぐらいかな。

 

じゃあまた無事にオスロに着く事を祈って!

おやすみ、日本

何事も注意深く…ね!

はてさて、フランス旅行にばっかり目がいっていたけど

そろそろノルウェーも内容詰めるか~と調べだす。

時はすでに出発10日前。

 

当初の計画

首都にはあんまり興味ないんだけど

折角だしオスロに1カ月滞在してから

牧場ライフをスタートしよう!

シェアルーム5万ぐらいで見つかるかな?

その間に在留カードと銀行口座開設しなきゃ☆

 

現実

シ、シェアルームが…10万、だと…!?

東京のワンルームよりよっぽど高いぜ゜Д゜!?

在留カード発行に最大4週間…

更にナショナルIDを発行したうえで銀行開設…?

じょ、冗談だろ?初見殺しにも程があるぜッ!

いくらなんでも初期装備にそんなに時間かかるか!?

 

現実に気づきました。

 

結果、牧場はあきらめました。

最初はオスロで語学学校に通いながら2・3ケ月

夏を楽しもうと思います…

物価が一番高いから本当は地方に行きたいけど…

そこはおいおい考える。

このダメージから回復してから;ω;

 

なお、安いと信じていたAirbnbではシェアルームは

1カ月10万円越え…。

やっぱり日本語で探せる楽さの分、

お値段が高くなっている気がします。

 

かといって現地のfinn.noでは3か月分のデポジット

請求されるので、たかだか1か月のために

そんなに高額を用意するのも面倒くさい。

 

何よりそんな大金を海外キャッシングでおろしたくないから

口座開設するまで待ってくれる優しい人を

見つけなければならない。

 

とはいえ、ナショナルIDの送付先にホテルは不可だから

住居見つけなきゃそもそも口座開設なんてできません。

なんかなぞなぞみたいw

 

ノルウェー思った以上に住みにくそうだぞ。

 

フランスからオスロまでの直行便も

予約しなきゃなーと思って調べたら

スカンジナビア航空が安い!

 

安いといっても片道2時間で2万弱だけどね…。

最初出てきたプランはGo lightというもので、1万9千円。

直行便がほかにないのでいいかーと思って進めてくと…

ん?荷物の追加?はて゜ω゜ってなった。

荷物の個数が0になってますよ。。。?

 

ちょっと気になって調べてみたら、

Go lightは無料手荷物預かりサービスがない!

オンライン予約時での手荷物代は3900円ほど追加で発生。

きっと当日空港で判明してたらもっと高くなっただろう。

 

仕方なくワンランク上のGoというプランで調べたら

手荷物1個預けられるやつで2万円。

こっち選んだほうが断然お得やないかーーー!

 

パリの安宿調べる時も思ったけど、まとめサイトに載ってる

安いホステルは危険地帯が多かったりするし…

「安い」には裏があるのじゃと…

旅で痛い目みたくなかったら、ちゃんと細かく

チェックすべしじゃと…

改めて身に染みたこあきでした…・ω・ノ

 

あとオスロのホステルめっちゃ親切。

オスロの観光なら、www.visitoslo.com を

チェックしてね、って教えてくれた…;ω;

 

捨てる神あれば

拾う神あり…っ!

準備ってわくわくするもの…?

Hei!

 

出発まで2週間をきりましたぞ^ω^

 

さて、私が今どんな状況かと言いますと…

準備が面倒すぎて正直ツライw

 

それもこれも多分、考えなしに

先にフランス寄っちゃおう~♡と思ったのが

始まりでした…。

 

そもそもフランスに何人か友達がいるから

会いに行こう!と思ったら、パリじゃなくて

ナントに住んでるとの事なので移動が増えた。

 

パリ1泊

ナント1泊

モンサンミッシェル1泊

パリ5泊

 

しかもパリといえば治安が悪いで有名!

心配性のわたしはビビりまくりですよ。

安宿は危険地帯ばっかりだし!

行動するのが遅かったからホステルも

満室ばっかりだしっっうぅ;ω;

 

ノルウェーが大本命なのに全然ノルウェーの準備してない

 

ノルウェー着いたら1カ月くらいオスロで過ごすか、

と思ってAirBnbをのぞいてみたけど…

1カ月の家賃10万円以上て…;Д;

セレブかい!

 

現地サイトのfinn.noで探してみるも

Airbnbよりは安いけどデポジットが家賃の3倍…

そりゃあ1カ月だけなんて半端な期間じゃ

貸してくれるところもないよね~

 

て事で、とりあえず1週間だけホステル予約しました。

オスロにはここしかないんじゃないか?

アンカー系列のホステルです。

 

そこでさくっと警察に行って、

なんとか銀行口座も開設したら

オスロマルカを見に行って

オスロを1週間で堪能しよう。

それからさくっと牧場決めて牧場で働こう。

 

お金減るのコワイ;ω;

物価高いのコワイ;ω;

 

オスロなめてた。うぅ…。

全然準備が楽しくない

心配しかないw

 

さて、前途多難なノルウェー滞在の旅…

果たして私はどこまで行けるやら…

 

改めて自分に問おう。

なぜこの安寧を捨てさってまで

苦難の道を行くのか…。

 

いや待て、ワーホリとは苦難なのか?

遊びと思う方も多いだろう…

しかし異国の地でひとりで生きていくのは

想像以上に大変なのだよ…

 

友達と別れるの嫌だなあ

寂しいなあ

何で行くって決めちゃったんだろうなあ゜Д゜

 

 

許可おりたどー!

Hei!

ご無沙汰しています。

 

4月は使命に燃えまくり、その反動か5月は消し炭状態でしたw

なんの記憶もございません゜ω゜;;;

お酒を飲んで、よく記憶に家出されるからでしょうか?

 

そんな中、大きな進展といえば、やっぱりこれでしょう!

 

ノルウェーのワーホリビザの許可がおりました~♡♡♡

 

大使館のある広尾の異国感といったらもう。

有栖川記念公園で面接あとに読書してたんですけども…

聞こえてくるのは英語ばかり…。

なんて優雅な午後でしょうか。

萌える新緑、優しく降り注ぐ太陽の光、

はしゃぐイケメンキッズたち。

 

ちなみに面接は絶対英語だ!と思っていたけど

なんと日本語でしてくれました。

目的とかどこに行きたいかとか。

 

大使館で面接をしたのは丁度出国予定日の2か月前。

UDIの登録を済ませて無事カバーレターをゲットし

大使館に直接連絡をとって、実際面接を受けるまでが

1週間くらいでしょうか。

更に面接から約2週間後に渡航許可がおりましたと

UDIから連絡がきました。

 

なのでまあ大体大使館での面接から許可がおりるまで1カ月ですかね。

 

しかーし、許可がおりただけでビザはまだ発給されていません!

メールには添付書類もありません!

ノルウェー入国後10日以内にノルウェー国内の警察署にて申請をし

そこで発給され後日在留カードが郵送される訳なんです。

 

…入国の時、何も見せる物ないのは不安だけど。

まあきっと入国審査官の万能なるパソコンくんが

「この人は許可おりてるよ!」って教えてくれるんでしょう。

 

心配性は一応色んなありとあらゆる書類を印刷して

持っていきますがねっ!

 

さてさて、さらにノルウェーでは夏の間牧場で働きたいので

WWOOFに登録をしました!

これだとお給料は稼げないけど、衣食住は確保されます。

ここでノルウェーの暮らしや言葉に慣れながら

冬になったら町に移動してなんでもいいから仕事を見つけようと思います。

 

そして1年ノルウェーを堪能したら、

帰りにヨーロッパをぶらっとまわって帰ります。

シェンゲン協定が引っかかっていたけど、

ワーホリの場合は居住の許可がおりている状態での滞在だから

シェンゲン協定の範囲外とのこと。

一回シェンゲンエリアから出なければならないけど、

またすぐ戻って最大90日間は滞在できるそうです。

 

あとはクレジットカード、VISAしか持っていないので

Masterカードも作りました。

海外旅行保険がついているかがポイントだったので数を絞れたものの

カードの種類多すぎでしょう…;ω;

ケチで欲張りな私は悩みに悩みました…ポイント還元率…

年会費…ううん、ううーん…!

 

最終的に楽天で買い物したことないくせに

高還元率に惹かれて楽天カードに決めかかった時

通りすがったブログにて衝撃の事実が明らかに!

 

楽天カードで海外キャッシング(海外のATMでお金を引き出す)すると

 強制的にリボ払いでの返済になります。気を付けてね☆」

 

はてな

つまり海外のATMで5万円おろすと、

楽天カードの場合は翌月一括引き落としではなくて、

5か月間1万円ずつの支払いになり利子がつく…という訳なんです。

 

ふぉ~うまくできておるのぉ…

 

リボ払いの可能額を引き上げて回避する技もあるそうですが

そんなことを気にしながら引き出しできる性格ではないので

やめましたw

 

以上!

 

ワーホリビザ申請の道は険しい

 

Hi :⁾

 

最近曇りの日が多いですね。

季節の変わり目、とうとう春近し。

だんだんとぬるーくなっていくこの季節が好きです。

 

が、まったりもしていられません。

ノルウェーに行く準備をしなければ!

 

まず何はともあれビザ!これがなくては。

 

ワーホリビザ申請に必要なもの

■UDIのカバーレター&チェックリスト

  →UDIのメンバー登録をし、必要事項を記入すると

   カバーレターをコピーできます。

   チェックリストはchecklist for working holidayを印刷

医療保険入りますよーという宣誓書

■健康診断書

  →このふたつは大使館HPからダウンロードできます

□残高証明書

  →銀行で英文の残高証明を発行できます。

   なんと時価でノルウェークローネ換算金額も記載してくれた!

■住民票

□パスポートコピー

■パスポート用写真2枚

■住居証明書

  →宿泊先がまだ決まってなければワードかなんかで

   探す意思はありますと宣誓書を作成すればOK

 

以上をすべて英文orノルウェーにて揃えなきゃなりません!

 

全てのアイテムを回収し、大使館に向かうと、

キーアイテムと交換できるのじゃ。

リアルRPG

 

住居証明書は、医療保険入りますよのフォーマットを真似て

ワードで自ら作成。

タイトルを Declaration of booking an accommodationとして

I declare to look for an accommodation to stay in Oslo ~~~

てな感じで!

最後に年月日と署名欄を作り、手書きで記入して終了。

ビザとったら探すよ☆としました。

 

もっと詳しい書き方はネットで検索すると

見本をアップしている人がいるから、そちらを参考にしてくださいね。

 

UDIとは?

さて、冒頭に出てきたUDIとはつまり

ノルウェー出入国管理事務所みたいなものです。

大使館のHPにいってもUDIに丸投げだから

必要書類や何をしたらいいのかは全てUDIで確認をします!

 

ここで、ひとつ困るのが…

UDIに日本語機能は一切ございません;ω;!

英語かノルウェー語のみ。

ワーホリ初心者にはハードルの高い国ですね。

 

しかもこのUDI、めっちゃ細かく申請しなきゃならず

家族全員の名前や誕生日をいれたり

最終学歴はどんな学校で、それに関する職に就いたかとか。

こういう時、専門学校卒は肩身が狭いです。余談。

 

まあUDIの申請に関しては文章を書く事もないし

難しい単語も多くないから調べていけば

時間はかかるけど問題はないでしょう!

 

書類がそろったら面接予約!

さてさて、書類が揃ったら大使館にメールか電話でアポをとります

平日しかあいてないから、会社勤めの人は大変ですね。

調べた所によると、簡単に質問もされるみたい。

恐らく英語でしょうね。緊張する~~~

 

こうしてやっとビザ発行となる訳ですな。

他の国では最終学歴の証明書が必要な所もあるようで

それがないだけマシかな?

 

ちなみにノルウェーのワーホリビザは

発給されてから半年以内に出国しなければなりません!

カナダの時同様1年期限あるだろ~と思っていて危なかった笑

 

年々変わっていく申請方法

ここでふと前回カナダに行ったときは

ビザ取得簡単だったのになあと思い出し調べてみました。

うろ覚えだけどオンラインで申請して2週間くらいで

メールで返事がきたのになーと。

 

そしたらね私が渡航したの2012年だったんですが

丁度試行錯誤の途中だったみたい!

2014年に申請方法が変わりネットで事前登録をしたうえで

抽選になったみたいですね。

イギリスのように抽選落ちした話はまだ聞きませんが。

 

世情はどんどん変わってきているから

今後はもっと厳しくなっていくかもしれませんね。

ワーホリ自体がなくなってしまう事もあり得るでしょうか…?

 

改めて行ける条件がそろっているのであれば

勇気を出して行けるうちに行っちゃいたいものだと思いました。

 

ちなみにノルウェー語勉強の方は全然進んでいません!笑

語彙力ない 聞き取れない 話せない

典型的なスタイルですw

少しずつ読めるようにはなってきたんですがね~…

 

目標の出国日まであと3ケ月ありませんwまじかw

今数えて気づきました。やばい。

とりあえず携帯アプリか何かで語彙力のばそうと思います!

 

じゃあね!

 

宇宙と言語と法則。

 

Hei :) Hvordan går det med deg?

 

さて突然ですが、私は宇宙が好きです!

2、3年前に古本屋さんでたまたま見つけた

「眠れなくなる宇宙の話」の表紙や挿絵が可愛くて買った本がね

本当に寝るのも惜しくなるくらい面白くて!

それからずっと宇宙の話が好きです。

 

突然ですが天文学とは・・・

 

東から西へ太陽は移動する。

月は同じ周期で満ち欠けを繰り返す。

星空は毎年同じ季節に同じ場所に現れる。

 

神さまが作った世界だから、そこに矛盾はなく、美しく完璧であるはずだ、と

古代の人々は身の回りの自然現象を見て感じたんです。

 

天(神さま)からの文(メッセージ)を解読しよう!

それが天文学のはじまりなんだそうです。

 

こうして宇宙の謎は今や色んな法則で解き明かされ、つながっています。

それは何も宇宙だけの話ではありません。

数学や物理、化学…

 

そして勿論、言語にも法則があります

やっぱり言語は人が便宜上生み出したものですからね。

分かりやすいといけません。

 

…それにしても、よくこんなに語り継がれて浸透しましたよねえ

象形文字から始まって…最初に言語を編み出した人は苦労したんでしょうか?

生みの親が白!といえば白くなったのかな?

言語の始まりはまだ学んだ事がないので、まああまり余計な事は言わず…笑

 

私は言語を勉強する時、謎解きみたいにこの法則を覚えるのが好きなんです。

動詞の活用とか、主語動詞の並び順とか。

きっちりしてるって落ち着く…理屈屋だから笑

 

 

ノルウェー語の過去分詞の法則

 

さて、ノル語の過去分詞は4パターンに分かれます。

語尾が  ⒈ et ⒉ t ⒊ d ⒋dd  という具合に。

 

これがまた厄介でね~…

絶対に法則があるはずなのに、なかなか見つけられず

ノルウェー人のご先祖様は絶対ノリで過去形決めたな!と思ったわよ。

 

しかし!その後ついに辿り着きました!

やっぱり法則はあったんだ!と、この時偉人たちの

大発見気分をほんのちょっぴり味わいました笑

⁽⁽⁽実際はFutureLearnが教えてくれた⁾⁾⁾

 

その法則とは!

おっと、その前に前提として動詞の原形は e で終わるものとします。

 

⒈ eの前に子音が2つ続く時はeが et になります

   例:snakke → snakket  (speak/話す)

 

⒉ eの前に母音1つ&子音1つの親子がいる時はeが t になります

   例:spise → spist  (eat/食べる)

 

⒊ eの前に母音+g、母音+v、違う母音2つ続く時はeが d になります

   例:lage → lagd  (make/作る)

 

⒋ e以外の母音が語尾の時は最後に dd がくっつきます

   例:bo → bodd  (live/住む)

 

あ~もうすっきり~~~💛

もちろん不規則動詞や例外もありますが、法則さえ分かれば

あとは繰り返し慣れていくのみよ!

それか…

 

⒈子連れっと(et) ⒉親子tシャツ

⒊(G)グレート(V)ボイン(D)です ⒋DD(ネタ募集中)

 

こんな覚え方は…ってむしろややこしい

動詞を声に出して読んで、リズムで覚えると結構覚えやすいかも!

 

短いけど、この発見の喜びを伝えたかった!

Jeg er så hyggelig!!

 

Ha det :) !!